« だって歌謡曲で育ったんだもの | トップページ | Tears For Fearsに何が? »

2004/04/19

そんなわけで妙な音楽を

普段聴いているのではあるんですけどね、という話の前振りでした、前回の話は。回りくどい表現だ。気にしない。ま、「妙な」というのもいろいろありまして、掃除機や洗濯機みたいなのが延々流れるだけみたいなのも「妙」ですし、宗教がかっているのも「妙」といえば妙。音楽って作り手の人生観を反映するわけですから、その人の宗教観と直結することもあるのは当然とも云えますが。

元X・TOSHIの話なんてのはファンでも何でもないのでどうでもよいのだけど、好きで聴いてたSpock's Beardなんかが宗教絡みでボーカル辞めてしまうなんてことになるのを見るにつけ、勿体無いやら残念やらと。Genesis戦法(ドラマーをフロントにコンバート)でバンドは継続していますが、やはり音楽的な違いは否めないわけで、しかし歩み寄って一緒に音楽活動を続けることもかなわなかったのだろうからなぁ……と複雑な気持ちであります。Nick D'Virgilioが頑張っているのはわかっているのだが。で、彼と絡んだ話で次回はTears For Fearsの話を。

本日の『オレンジ デイズ
柴咲コウは基本的に美しいだけ。ツマボキ君はあざとい。それでも噛み合うと面白いんだなぁ。ツマボキ君が間違って殴りかかった相手の台詞が絶妙でした。

本日のBGM:Roger Waters 『What Pink Want』(Bootleg)
今回からディスクレビューがないときはこれを書くことにします。ま、5年前のアミューズド・トゥ・デス・ツアーだ。フロイド・ナンバーは完全に旬が過ぎているけど、旬でなくても美味いと感じる食材はあるわな。

|

« だって歌謡曲で育ったんだもの | トップページ | Tears For Fearsに何が? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/461238

この記事へのトラックバック一覧です: そんなわけで妙な音楽を:

« だって歌謡曲で育ったんだもの | トップページ | Tears For Fearsに何が? »