« Tears For Fearsに何が? | トップページ | Start From ZERO POP »

2004/04/22

音楽の傍らに酒を

ホテルバーメンズ協会という団体の会報誌を作っていたことがありまして、それ以来、大の洋酒好き(特にスコッチ好き)になってしまった。金銭的な余裕のない今、ホテルバーはもちろん街場のショットバーなんかにもあんまり行けないのが切ないところ。もっぱら家で飲む一方であります。

今年から「サントリー ザ・カクテルアワード」が一般公募を受付けることになったそうで、ホームバーでシェイカー振ってるカクテル好きの皆さんにはぜひとも参加してみていただきたい。別にサントリーの回し者じゃないけどさ。いやさカクテルはもっと一般に普及されてしかるべきなのです。今回の企画がその一助となってほしいわけ。ちゅうかチェーン展開してる居酒屋なんかのカクテルしか知らない若い子には、ぜひとも本物に触れる機会を持ってほしい。居酒屋カクテルを否定しないし、例えば「カシスウーロン」なんてのが居酒屋文化から生まれたユニークなカクテルだということなんかは認めるけれど、そこでストップしてしまっては悲しいなぁと。サントリーという会社の凄さは、「ザ カクテルバー」という缶カクテルで一般消費者に間口を広げる一方で、こういうカクテルコンペで本物を伝えることに本気になっているところ。その裏にあるのは単に自分とこで出してるジンとかウォッカとかリキュールを売ろうというだけのものではなく、酒文化の伝承なんですよ。多分。

と書きながら飲んでいるのは、ゴードンレモリア割りという自作カクテル(だいたい1:2ぐらいでな。ゴードンにしっかり香ってほしいなら1:1でもいい)。美味いんだよ、マジで。

本日のBGM:FRONT 242 『No Comment』
ここんとこEBMが無性に聴きたくて買ったCDのひとつ。単調なリズムトラックに単調な歌。好き嫌いが激しく別れそうなバンド。しかしながら、その迫りくる音像に心躍るのである。メンタルリラックス飲料(レモリア)と薬酒(ジン)のハイブリット感あふれるカクテルにぴったりの音楽だ。本当かよ。本作は1985年のアルバムに4曲のボーナストラックが追加された再発盤。ボーナスのライブトラックを聴くと、来日祈願したくなる。

|

« Tears For Fearsに何が? | トップページ | Start From ZERO POP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/475835

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の傍らに酒を:

« Tears For Fearsに何が? | トップページ | Start From ZERO POP »