« 激震! 絵理子結婚・出産 | トップページ | 猟盤という密やかな愉しみ »

2004/05/10

ネタらしいネタもなく

さっそく「今井絵理子」で検索かける人が多いのかと思ったらそうでもないね。てか、たいしたこと書いてないしオイラ。来られても一瞬で他に移られそうだ。いや、もっと愛情たっぷりの長い文章も書いたんだ。いかにしてSPEEDの中で絵理子のことを一番好きになったかとか、カメラマンと絵理子本人以外持っていないはずの写真持ってるんだもんねーとかいう自慢とか。ところがアップ直前にパソコンが固まった。気力が消えた。
しかも、愛ある毒舌の天才がスゲエとしかいいようのない文章を書いていて更にやる気が失せた。ついつい爆笑した。この人のHPのlogにある4月のhiro未CD化音源の話なんか、完璧な内容ですよ。ただ頷くばかり。これがネット・ジャーナリズムですよ。ちと歪んでるけど。でもそこが魅力でもある。

本日の『オレンジ デイズ』
バレーボールのお陰で10分遅れのスタート。愕然としたが、どうもミスチルの歌と予告が観られなかった程度で済んだようだ。カッシーの「可愛い(鼻でフフン)」て最強にはまってましたな。ただ、この回でコニタンと共にお役ご免らしいが。あと瑛太の「いい人で云々」という自問自答はオイラもリアルでやったことあるので、「そうなのよそうなのよ!」と激しく同意してしまったよ。「悪い人ね」と云われる方がモテル。真実。そういや絵理子も不良っぽい人が好きだとずいぶんぬかしていやがったっけとしみじみしてみたり、みなかったり。

本日のBGM:『Damage』 Sylvian / Fripp
デヴィッド・シルヴィアンとロバート・フリップによるユニットの1993年のライブ。シルヴィアンによる再プロデュース版の方である。クリムゾンとシルヴィアンのソロの狭間で今ひとつ評価の対象外みたいな扱いをされているみたいだけど、好きなんだよこのユニット。リズム隊は後にクリムゾンに加入するガン&マステロットでタイトだし、フリップのギターも美しく凶暴な顔を覗かせるし。「Darshan」が「Jean the Birdman」にサシカエになって嘆いた人も多いだろうけど、このユニットの落としどころとしてはこれで正解という気がするよ。アルバム『The First Day』発表前にやった来日公演の海賊盤ではインスト・パートが多くて(しかもドラムレス)、そりゃあ甘美な音空間ができあがっていたけど、コアな音楽ファンにしかアピールしそうにない内容だったからね。「Darshan」もその流れの曲だから、オイラでも正規盤からははずすかもな。

ちなみにさっきまで聴いてた『Priest=Aura』 THE CHURCHにしようかとも思ったんだが、やめた。あらためて採り上げてもいいかなと思ったのでな。

|

« 激震! 絵理子結婚・出産 | トップページ | 猟盤という密やかな愉しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/568014

この記事へのトラックバック一覧です: ネタらしいネタもなく:

» 今井絵理子さん結婚!! [にのきんのぺーじ]
芸能人は、避妊が下手? [続きを読む]

受信: 2004/05/10 22:10

« 激震! 絵理子結婚・出産 | トップページ | 猟盤という密やかな愉しみ »