« オイラが3RD MATINEE 『MEANWHILE』が買えたワケ | トップページ | Tears For Fears公式コメント出る »

2004/05/15

『TOY MATINEE』が届いたんだけどね……

ボーナス・トラックの入ってない盤だった……。ショックで寝込みそうだ。Amazonの収録曲表記を疑ってかかるべきだったぜ。

それはともかく、何ごともなかったかのように半年ぶりに再開した「演劇×音楽」エッセイ書いたら力尽きたのでレビューは明日以降にするだ。あっちは短いから楽だと思うかもしれないけど、ダラダラ書けるこちらの何倍も推敲しているのですよ。短い文章量で必要情報にプラスして自分の云いたいこともちゃんと伝えるのが一番難しい。

ショーン・ペン監督映画『プレッジ』を観る。丹念に日常を描きながら最終的に見事なまでの壊れっぷりにつながっていって驚いた。原作ではスイスが舞台になっているようだけど、ペン(あるいは脚本家)によって完璧にアメリカという舞台背景と登場人物の設定にトレースされていた。ジャック・ニコルソンてやっぱうまいなぁ。ミッキー・ロークが端役で渋く登場したのも良かった。何しろ『ハーレーダビッドソン&マルボロマン』はオイラのフェイバリット映画のひとつだからね。たいがい「正気か?」と云われるのだが。

本日のBGM:Elvis Costello and THE BRODSKY QUARTET 『THE JULIET LETTERS』
そんなわけで繰り返し聴いている。コステロの声は枯れていて甘い。まるでアマレット(アーモンド・リキュールな)のようだ、といつも思う。多分、オイラが彼の後期の作品しか聴いていないからかもしれないけどな。ちなみに本作のビデオ版も出ている。持ってないけどな。

|

« オイラが3RD MATINEE 『MEANWHILE』が買えたワケ | トップページ | Tears For Fears公式コメント出る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/595991

この記事へのトラックバック一覧です: 『TOY MATINEE』が届いたんだけどね……:

« オイラが3RD MATINEE 『MEANWHILE』が買えたワケ | トップページ | Tears For Fears公式コメント出る »