« 雨 | トップページ | 改正著作権法が成立へ一直線 »

2004/06/02

何故か「あしたのジョー」を

読み返したりして。
人が生きていくってのはそれ自体馬鹿げた行為なのかもしれないわけで。誰しもがそういうレベルで横に並ぶ。生まれて、死ぬ。でも、ジョーは孤独じゃない。

音楽で孤独といえば、宅録とかマルチ・ミュージシャンとかそんな世界がある。最初にそれをウリにしたのはマイク・オールドフィールドだろうか。あ、何かちょっとジョーとイメージかぶるな。

本日のBGM:『Through The Barricades』 SPANDAU BALLET
活動時期から考えれば確実にどこかで耳にしているはずなのにすっかり記憶に残っていないバンドなんだよ、スパンダー・バレエ。で、安かったので買ってみた。レーベルとのすったもんだがあった後の5枚目のオリジナル・アルバムということになるようだが、とにかく初めて聴くんでな。本作だけの印象を云うと、クサイ。わかりやすいポップスなんだけど、コーラスの入れ方やサックスの入り方が「絶妙」というより「やっちゃったよ」という感じ。いやサックスだけじゃないな、どの楽器もだ。曲もだな。どこかで聴いたような単純なつくりのものばかりだ。TFFみたいな空気も流れてるんだけどな。1~4枚目のアルバムからどれか聴いてみたいとは思うのだが。

|

« 雨 | トップページ | 改正著作権法が成立へ一直線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/695979

この記事へのトラックバック一覧です: 何故か「あしたのジョー」を:

« 雨 | トップページ | 改正著作権法が成立へ一直線 »