« 精力的なRobert Wyattってのも | トップページ | hideミュージアムのそばで »

2004/07/17

Djam Karetのインプロ集

NEARfest2004ではGayle ElletとChuck Oken,Jrが売り子をやっていたらしいジャム・カレットの新譜というか旧譜というか……なCDが出る。こういう情報はなかなか日本で発信されていない。カンタベリー情報の中枢となるようなHPがあるといいのだけど……。

で、そのCDは、1985年のカセットのみ販売だった「NO COMMERCIAL POTENTIAL」と、2002年の未発表演奏「...AND STILL GETTING THE LADIES」のインプロ・ライブ抱き合わせ盤だ。今秋発表予定の新作までこれを聴いて待て!ってことね。購入はジャム・カレット公式HPから、もうすぐプレ・オーダー開始。のはず。で、8・31までの間に申し込むとサイン入りになるってさ。

本当はワイアットのネタから発展させて、『Cuckooland』に参加しているTomo Hayakawa (Gr)、Tomo Noro (Vo)というふたりの日本人が何者なのか調べて書こうかと思っていたのだけど、まったくわからなかった。日本人なのに……。ご存知の方はご教授ください。

クラッキー(倉木麻衣)フィーバーに日和らず、いつも通りのマイナー調でまいりました。

|

« 精力的なRobert Wyattってのも | トップページ | hideミュージアムのそばで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/987935

この記事へのトラックバック一覧です: Djam Karetのインプロ集:

« 精力的なRobert Wyattってのも | トップページ | hideミュージアムのそばで »