« Tears For Fearsのライブ2本目 | トップページ | Duran Duranの新譜とMissing Personsの孤独 »

2004/08/18

THE WHO meets Greg Lake!?

いろんなことが起こるものです。

結成40年にして初来日。「THE ROCK ODYSSEY 2004」のステージの興奮も冷め遣らぬという人も多いであろうTHE WHOのお話。『Then and Now: 1964-2004』というベスト盤用の新録曲「Real Good Lookin' Boy」「Old Red Wine」で、なななーんとグレッグ・レイク(今更説明の必要があろうか元ELP)がベースを弾いているというのはTHE WHOのファンならご存知だろう。オイラ知らんかった……。で、レイク公式(トップの写真カッチョイー!)の中に演奏写真と視聴用mp3があったので紹介する。が、ど、どうなんだ人選的にレイクってのは? 1分34秒の視聴用mp3で各自ご判断くだされ。てか、ベースの音がほとんど聴こえないじゃん!
ちなみに来日時のメンバーは、

ギター   ピート・タウンゼント (55)
ボーカル  ロジャー・ダルトリー (60)
ベース   ピノ・パラディーノ (46)
ギター   ピートの弟、サイモン・タウンゼント (43)
ドラムス  リンゴ・スターの長男、ザック・スターキー (38)

の5人な。表現はスポーツ紙に準拠してみた。ちなみにレイクは55歳だ。

|

« Tears For Fearsのライブ2本目 | トップページ | Duran Duranの新譜とMissing Personsの孤独 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/1217959

この記事へのトラックバック一覧です: THE WHO meets Greg Lake!?:

« Tears For Fearsのライブ2本目 | トップページ | Duran Duranの新譜とMissing Personsの孤独 »