« 上原多香子臨戦体制HP大更新 | トップページ | ROXY MUSIC 4/5? Japanese CD »

2004/09/09

カクテルの名は「ココドール」

いやー、メシ食いに行っちゃおうかなロイズ青山。hiroというかCoco d'Orの例のライブ会場になったバー&グリルが企画やってます。いつまでか書いてないけど。
気になるのは「ココドール」なるカクテル。レシピを知りたいッ。写真からすると赤っぽいように見えるが、光の加減かもしれん。まったくわからん。ロイズ青山のカクテル担当さん教えてくんなましー。
ちなみに例のライブに付随してのスポニチインタビューはココドール。

そうか、もうカレンダーの季節か。早いもんだなぁ。hiroはコレ。多香はコレな。やはり絵理子の不在が切ない。別にカレンダーなんて毎年買ってないけどな。

自宅作業だったので、たまっているCDを何枚か聴いた。思いのほか良かったのがデヴィッド・ボーデンの『The Continuing Story of Counterpoint Parts 9-12』。モロに現代音楽なのだが、キーボードの音色にポップさがあって、心からボーッとできる時間を楽しめる。サックスがまたなかなか良い味を出している。Les Thimming(レ・シミングと呼んだらよいのかしら)という人物で、作品中の管楽器はすべてこの人の演奏だという。実はGARBAGEの1st『G』収録の「Queer」でクラリネット吹いてるのもこの人らしい。ソロ作とか出てないのだろうかと調べたが、どうもないみたい。Hans Sturmという人のアルバム『Fireflight』に演奏&作曲でがっぷり関わっているとのことで、いつか手に入れようと心に誓ってみた。金がないんだ、金が。

|

« 上原多香子臨戦体制HP大更新 | トップページ | ROXY MUSIC 4/5? Japanese CD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/1392509

この記事へのトラックバック一覧です: カクテルの名は「ココドール」:

« 上原多香子臨戦体制HP大更新 | トップページ | ROXY MUSIC 4/5? Japanese CD »