« 金の脳のNapalm Death です | トップページ | 唐突だがShakespear's Sisterのベスト盤が出る »

2004/09/23

TFF 『ELAHE』全曲レビュー その6「Quiet Ones」

Tears For Fearsの新作『Everybody Loves A Happy Ending』感動の発売! で、記念全曲レビューの第6回でやんす。

昨夜半、公式のプレス・リリースが出て、TFFの14年ぶりのツアーが正式に決定した。10~11月にかけての米国ツアーなわけだが、なかなかいいクラスの小屋を押さえてまんなぁ。現時点での発表は19公演(なぜか現時点で別表からは抜けているが、初日は10・21のNew Orleans(LA)のHouse of Blues公演ということらしい)のようだけど、まだ増える模様。スタートしてから客入りを見て追加公演を12月にという考えもあると思われる。財力のある人、ぜひ現地まで行ってきて感想をくだされい。
えー、オイラはだね、日本に来るまで待つ!!

ちなみにだが、すっかり忘れていたカート主演の映画『The Private Public』は、実はビデオならAmazon.co.jpで買えちゃうのよ。字幕ないけど。あとDVDもAmazon.comで買えちゃう。リージョン1だけど。もちろん字幕もないけど。マイナーな作品なので日本語字幕付きが出回ったら奇蹟ってなもんだろうから、カート大好きっ子はこの辺で買っとくしかないぜ。輸入ビデオ&DVDさえ、いつまでもあると思うとプレミア付けられるぞ。

6曲目「Quiet Ones」
ギター弾きまくりキター!ってのが第一印象。ここまでの楽曲は意外なほどにギターが引っ込んでいるなぁというイメージを強く受けた。というのも、やはりローランドひとりで作った『Elemental』からこっち2枚のTFF作品がギターがメインだったからなわけで。特に『Raoul And The Kings Of Spain』 はスペイン=スパニッシュ・ギターみたいな単純連想なのか、まぁ、ギターがドーンと前面に出た作品だった。あのローランドならではのナイフのごとく斬れそうな音が初っ端からきらめく。トーンはどちらかと云うと暗い。
「いつも静かな奴さ~、想像以上に奇妙な奴はさ~」みたいな歌い出し。歌詞はやっぱり哲学的でやんす。何か他人任せのダメダメ君の歌みたいにしか訳せないんだがな。だがな、その他人任せというか「救済の光がよ~」ってサビ後の転調とかね、持って行き方がウマイんだ。ネガティヴな世界におけるわずかな希望みたいな曖昧なもんを、曲が音が歌が表現してるんだ。サジ加減の妙に唸らされるばかり。

おまけのTFF情報

9・21、「Late Night with Conan O'Brien」出演時のクイックタイム映像(直ダウンロード)が出てきた。ま、また「Call Me Mellow」なんでな。ディープなファン以外は観んでもいいかな。音はわりかし良いけど。

|

« 金の脳のNapalm Death です | トップページ | 唐突だがShakespear's Sisterのベスト盤が出る »

コメント

僕も日本に来るまで待ちます。

映像見ました。二人が並んで立って演奏している映像が見れたのは嬉しかったです^^。相変わらず、あんまりショービズ慣れしてない感じが微笑ましいですね^^;。

Quiet Ones は、サビの愁いを帯びたメロディが、ちょっとニュ-ウェーブ的でよいですねー。やっぱこのてのサビはカートですね。

タモリの本領は、やっぱ、マニアックでしょうもないネタを扱う番組にありますよね。「笑っていいとも」や「ミュージック・ステーション」は、違いますよね。

投稿: さしみ | 2004/09/24 00:38

Quiet Onesとってもお気に入りです。唸ってる部分とサビの
部分の二面性は聴いてて背筋にキます。是非とも生で聴きたいゾ。
な訳でSHIROさん、さしみさん、私も一緒に待ちますわ!
ショービズ慣れ?一生慣れなさそう(笑)

『The Private Public』今申し込んじゃったよ・・・

投稿: わか | 2004/09/24 12:52

「Quiet Ones」は実は一番安心して聴ける曲だったりします。
最初はU2っぽいかなぁ~とか思いましたが、
そこで終わらないところがローランドが作る曲の妙ですね。
サビの部分で一気に曲調が変わるところが好きです。
この辺りはやっぱりTFFだなぁとか思うし、
ローランド&カートのヴォーカルも堪能できます。

日本公演待ってますがイギリス公演があるなら行こうかなぁ~

投稿: ニキタ | 2004/09/25 03:34

さしみさま
立ってるってのは確かにテレビならではというか。でも明らかに浮き足立ってる。ライブでは普通に立ててるのにな。もうカメラを意識する歳でもなかろうにのう。
タモリの本領は深夜枠。「タモリ倶楽部」が一番似合う。他は相手に合わせすぎの嫌いがあるよね。

わかさま
やっぱり生で観たいよね。来日したら追っかけしちゃったりして。
『The Private Public』の感想をぜひ聞かせてくださいな。期待してます。←とプレッシャーをかけてみる(笑)。

ニキタさま
U2っぽさというかローランドはボノに近い唱法だよなと感じることはこの曲以外にもありますな。
じゃ、来年のイギリス公演のレポートは頼んだよ(笑)。

サビのハーモニーとかさ、書いてしかるべきところをすっ飛ばしたのはオイラの手落ちだったなぁ……。でもみんながフォローしてくれたからいいか。

投稿: SHIRO | 2004/09/26 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/1506499

この記事へのトラックバック一覧です: TFF 『ELAHE』全曲レビュー その6「Quiet Ones」:

« 金の脳のNapalm Death です | トップページ | 唐突だがShakespear's Sisterのベスト盤が出る »