« TFF付け足しとかdream 『777』コメントとか | トップページ | 映画『オーバードライヴ』&阿井莉沙イベントな »

2004/10/10

TFF 『ELAHE』全曲レビュー その9「Secret World」

Tears For Fearsの新作『Everybody Loves A Happy Ending』こっそり発売! で、記念全曲レビューの第9回でやんす。

いや実際、本当にこっそりという表現がしっくり来てしまうくらいの状況なんじゃないかと。いまだにあまり店頭チェックできていないのだが、どうもタワーとレコファンぐらいでしかCD屋では扱っていないようだ。無論、ネット販売ならAmazon、HMVをはじめ海外通販など入手方法は広がるが、一般レベルの音楽好きにはまだ敷居が高いんだろうな。日本盤が出てくれさえすればねぇ……。

9曲目「Secret World」
個人的には本アルバムのベスト・トラック。国内外の個人CD評なんかを見ても、この曲の評判はかなり高いようだ。考えてみれば本物のオーケストラを導入した初のナンバーである。音の装飾がしっかりほどこされた過去の作品(『ELAHE』の他の曲にもあるが)の印象は強く、オーケストラ自体が曲のインパクトになっているわけではないとオイラは思うがな。
しかし、軽やかなピアノのイントロに導かれてバンドとオーケストラの音がジャーンと広がって行くオープニングだけでもうメロメロだ。落ち着いたところでボーカルが乗っかる。相変わらず哲学っぽいというか、寓話風で宗教的な内容だ。歌詞は導入部、サビA、サビBという3つのバースに分かれていて、これが曲の中で、オープニング演奏→導入部→サビA→サビB→サビA→間奏1(トランペット・ソロ)→サビA→サビB→サビA→間奏2(ギター・ソロ)→サビA→サビB→エンディング演奏という構造になっている。要するにほとんどサビばっかり。そして、表現の強弱や緩急をつけながら、これでもかこれでもかと盛り上げまくる。コーラスも厚みがあって良い。やはりローランド単独のライティングによる楽曲。聴き進むにつれてギターが基盤になっていることがだんだんわかってくる。特に間奏2の部分の実にローランドらしいギター・フレーズがストリングスの上で展開するあたり、オイラの心の扉をノックされちまったよ。何だそりゃ。エンディング演奏が終わるとオケのメンバー誰からともなくつい拍手。これを名曲名演と云わずしてどうするかと。
蛇足だけどね、37人編成のオーケストラ・セッションのアレンジと指揮を担当したPaul Buckmasterはプログレ・ファンならわかるやね、あれですよ元Third Ear Bandの人ですよ(詳しい活動歴はココ参照)。コンダクター(指揮者)ではなくコントラクター(ミュージシャンの契約担当。要するにセッションマンの手配師)であるSuzie Katayamaは、Michael Jackson、MadonnaといったポップスからThe OffspringとかLimp Bizkitに至るまで世界中のありとあらゆるアーティストのアルバムにクレジットが見られるチェリストにして作曲家、指揮者、アレンジャーだったりする。知る人ぞ知る物凄い売れっ子の裏方さんである。この女性、カタヤマという名字と中島みゆき、長渕剛から工藤静香の作品まで参加している点から日本人または日系人なのではないかと思われる(要するに調べてもわからんかった)。
このオーケストラ・セッション、ハリウッドにあるオー・ヘンリー・スタジオでレコーディングされている。そして曲づくりの初期段階ではバースとロスを行ったり来たりしていたTFFだったが、『ELAHE』に収録された曲は「Size Of Sorrow」の一部(NY録音)を除き、すべてがカリフォルニア州のレコーディング・スタジオで録音されている。また、元々はBaby FaceとのコンビでTLCやToni Braxton、Boyz II Menなどを世に送り出したAntonio"L.A."Reidによるプロデュースだったらしい。そういうことを考えていくと、TFFらしいブリティッシュ・ポップスとしての魅力に、どこかしらアメリカナイズされた開放感みたいなもんが加味されているのは、何かわかんないけど米国という風土が作品に与えてくれたものがあるんだろうな。

ちなみにピーター・ガブリエルにも「Secret World」という名曲がある。6thスタジオ・アルバム『Us』に収録されていて、アルバムに伴うツアーが「Secret World Tour」と名付けられるほど重要な位置にある曲だった。前回(前々回か?)、カバー・ソングの原曲収録アルバム・リストを載せたね。その中にあったね、『Us』収録「Digging In The Dirt」てのが。そう、ローランドがピーガブの「Secret World」を知らないはずがない! そこら辺を考慮してピーガブの「Secret World」を聴き直してみるとまた新たな発見があるかもしれない。と思うのだが、まだやっていない……。

おまけのTFF情報

ここんとこ自分の周りになぜか佐野元春の影が忍び寄っているのだが、元春サンがDJを務める「radiofish」なるラジオ番組で『ELAHE』が「今月(10月)の3枚」に選ばれているッ! 何しろこの番組を聴いたことがないもんでチョイスも元春サンなのかよくわからんのだが、自分の中では元春株がまた上がってしまったよ。過去の「今月の3枚」もなかなかシンパシーを感じる選び方だし。

|

« TFF付け足しとかdream 『777』コメントとか | トップページ | 映画『オーバードライヴ』&阿井莉沙イベントな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/1643310

この記事へのトラックバック一覧です: TFF 『ELAHE』全曲レビュー その9「Secret World」:

« TFF付け足しとかdream 『777』コメントとか | トップページ | 映画『オーバードライヴ』&阿井莉沙イベントな »