« Tears For Fearsを撮った写真家と日本人クリエイター | トップページ | ベン・パターソンは歴史の重みを感じさせない素敵なオジサンでした »

2004/11/22

うらわ美術館 フルクサス展開催中

何か最近の彩音は音楽的雑記というより、単なるTFF&その他(アイドル・ポップ寄り)みたいなブログになっている。おかしい。もっとテキトーな内容だったはずなのに。やたら濃いものを目指してる。さらに先月あたりからどうも体調がすぐれんというか疲れて寝ちまうという状況で、更新ペースが下がりっぱなし。いかん。もっと軽いネタでいい。

さて、地元のうらわ美術館にて「開館5周年記念 フルクサス展-芸術から日常へ」が先週末からスタートした。実に軽いネタだ。フルクサスの「日常の中に“芸術”を見出そうとするその精神」てのはまるっきり「民芸」と同じだ。フィールドが音楽中心か日本の庶民文化が中心かという違いだけ。現代音楽なんかもそうなんだけど、概念がどうたらこうたら云う前に、軽く楽しんでしまえばいい。そんなわけでオイラ、この展覧会に何度か足を運んでみようと思っている。ちなみに明日11・23には「ベン・パターソンによるフルクサス・コンサート」を開催。Ben Patterson率いる10人編成のSaitama Once-Only Fluxus Ensembleの演奏が楽しめるそうな。しかもコンサート自体は無料(展覧会入場券は必要)。安い。むしろ安すぎる。さらに実はこの展覧会、「記念事業につき、毎週土曜日は観覧料無料」なんてことになっている。みんな観ましょう! 来年2・20まで。

ちなみに「Fluxus Home Page」はコチラ
「FLUXUS PORTAL FOR THE INTERNET」はコチラ
「Daily Recordtime」さんの記事に今年5月のBen Pattersonライブの模様が実にていねいにレポートされておる。こりゃ楽しそうだ。

なお、遠方からいらっしゃるならヨーコ・オノさんでFluxusつながりだったりするかしら?のジョン・レノン・ミュージアムとの抱き合わせ観覧を推奨。
……オイラはさいたま大使か?

|

« Tears For Fearsを撮った写真家と日本人クリエイター | トップページ | ベン・パターソンは歴史の重みを感じさせない素敵なオジサンでした »

コメント

トラバさんきゅです~。
ベンさん、また来てるんですか。元気だなー。
まあ百聞は一見にしかずがフルクサス(らしい)ですから
じっくり体験してきて下さい。だまされたと思って(笑)

投稿: JNN | 2004/11/23 01:48

JNNさま

わざわざ書き込みいただき恐縮の至りでございます。
昔スイスで買った角笛背負ってこれから行ってきますよ~。

投稿: SHIRO | 2004/11/23 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/2030009

この記事へのトラックバック一覧です: うらわ美術館 フルクサス展開催中:

» デューラーの兎とボイスの兎 [Wein, Weib und Gesang]
{/note/} 2004 08/11 編集 ヨゼフ・ボイスの兎を上手く使ったのが映画監督シュリンゲンシッフの「ヴァーグナー・パルシファル」の新演出だ。ボイス... [続きを読む]

受信: 2004/12/03 15:38

« Tears For Fearsを撮った写真家と日本人クリエイター | トップページ | ベン・パターソンは歴史の重みを感じさせない素敵なオジサンでした »