« Trevor Horn Played Bass ! | トップページ | Trevor Hornはとりあえずこれで終わりにしたい »

2004/11/14

YES on 'Produced by Trevor Horn' A concert for The Prince's Trust Stage

3回連続でこのネタになってしまったな。トレヴァー・ホーンを大フィーチャーしたプリンス・トランス・コンサートにおけるYesのステージについてだが、何のことはないYes公式に出ましたな。以下抜粋。

元Yesメンバーのトレヴァー・ラビンとジェフ・ダウンズはアラン・ホワイト、クリス・スクワイアおよびスティーヴ・ハウに合流、「Cinema」と「Owner of a Lonely Heart」(後半で80年代にライブ演奏していた「Make it Easy」のイントロをフィーチャー)を演奏した。それらのパフォーマンスでコンサート前半が終了した。

さらに、アランはArt of NoiseとSealのステージでも演奏した。スティーヴはFrankie Goes to Hollywoodの「Welcome to the Pleasure Dome」で演奏に加わった。

あれ? トレヴァー・ホーンは歌わなかったのか。何でだ?
てか、いわゆる『Drama』Yesにトレヴァー・ラビンがボーカル参加した編成なのに、演奏したのは『90125』絡みだけという実に中途半端な感じのステージだったみたいだ。ハウのいる意味がないじゃん……。むしろFGTHの「プレジャー・ドーム」に参加したってのが、そういえばオリジナル・トラックでも弾いてたんだっけなの面目躍如だったりして。そんなわけで来年初頭にDVDが出るとのことですから待ちましょうや。

|

« Trevor Horn Played Bass ! | トップページ | Trevor Hornはとりあえずこれで終わりにしたい »

コメント

>Yes

 やっぱり、"Drama Tour"時のことはトラウマに
なっているんじゃないかと・・・<Trevor Horn

投稿: alessandro | 2004/11/16 01:07

今回の選曲はまさにそれしか考えられないよね。でもさ、「Into The Lens」とか「Tempus Fugit」のPV(映像はスタジオ・ライブ)を観てると、そこそこ楽しんでそうにも見えるんだがなぁ。てか、単純に生で観たいと思わせるのは『Drama』のナンバーだよね。

ま、トニー・ケイと誤記されてるジェフ・ダウンズ(笑)が『90125』ナンバーをどう料理したのかは気になるとこではあるけどさ。

投稿: SHIRO | 2004/11/16 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/1955483

この記事へのトラックバック一覧です: YES on 'Produced by Trevor Horn' A concert for The Prince's Trust Stage:

« Trevor Horn Played Bass ! | トップページ | Trevor Hornはとりあえずこれで終わりにしたい »