« サンガツの新作は3月発売? | トップページ | ベスト・ギター・フェイスといえば »

2005/01/12

「GO! GO! HEAVEN!」も「Sh15uya」も観たヨ

さて、相変わらず「自決少女隊」での検索アクセスの勢いが変わらない。同時期に採り上げた「Sh15uya」での検索は見事に少ないな……。で、彩音では音楽ネタ以外扱わないという血の掟を自分に課しているのだが、無理矢理こじつけて「Sh15uya」も毎回レビューてか感想文を書いてみようかと。だってこっちのが面白かったんだもの。ドラマ感想文企画は「オレンジ デイズ」以来だなァ。あ、あれはシバザ機構(cパーリス)がバイオリニストだったからやってたのさ。

GO! GO! HEAVEN!」 第1話
全体に死を選ぶに至る理由が何だかよーわからんというか切迫したものが感じられないのは話数を重ねるうちに変わっていくのだろうか。死を選ぶキッカケ自体は些細なものでもぜんぜんかまわんのだが、追い詰められている空気はもっと見えないとつまらん。リアルでやるのかマンガ的にやるのか中途半端だね。自殺というネタ自体はリアル(時節柄ってのもある)なのに、バンド結成して集団自殺という展開事態があまりにも突飛なわけだが。何だか観ててモヤモヤするんだよなァ。キャスティングは正解。いとうあいこの役が今後も狂言回しになるのかな? 云いたいことを云うだけで会話らしいシーンが少ない加藤夏希、メールでしゃべらせる阿井莉沙、適材適所だ。えーと口は悪いが悪気は無い。むしろ彼女らの魅力は見事に生かされている。
音楽はオープニングが例の「遺書」。ぶっちゃけ歌詞カードなしでは何歌ってるか聴きとれん。個人的な意見を云えばDVD付き買ってヴィジュアルを楽しむしかないんじゃないかと。音としてはまぁ好きな人は好きなんだろうなという感じ。インパクトはあるかな。ちなみにエンディングはJanne Da Arcの「WING」だってさ。何か「月光花(DVD付)」の初回版のみ、この「WING」のPVも収録されているとかいう話なんだが、エンディングでタイトルバックに流れてる奴がちゃんと観られるってことなのかな? 誰にアピールするネタなんだかよくわからんが。

Sh15uya」 第1話
もうね、やってることは平成ライダーと一緒。オイラ常々「これは仮面ライダーである必然は無いッ!」という前提のもとで平成ライダーを楽しんできたのだが、ついに取っ払ったか。もうね、オープニングでニヤリとさせられた時点でオイラの負け。ゴミ溜めで記憶をなくした主人公が目覚めると、サクッとシブヤという渋谷駅周辺のパラレル・ワールドで若者たちが繰り広げる縄張り争いに巻き込まれていく。主人公を演じる女のコは期待したわりにそんなでもな、という感じだったが、芳賀優里亜が美しー。立ち回りの度に「ビューテフォー!」と連呼しちゃいましたよ。で、後半は何やわからん存在が2人(ピースとマージというらしいが、HPでチェックして知った)出てきてアクションですよ。これがもう桂正和先生が泣いて喜んでるんじゃないかという内容でね。特撮好きならこうね、女のコをカッコ良く描いてほしかったわけでさ。素晴らしいですよ本当に。新垣結衣、要チェック。ノーマークだったぜ。いやー全体的にスタッフてか田崎竜太のやりたかったことがよくわかる出来。何が何やらわからんうちにグイグイ引き込まれた。とにかく濃密な30分枠だった。来週は弓削”吾郎ちゃん”智久登場か。
こちら音楽はエンディングで小枝が「せかいのおわり」(2・23発売)てのを歌ってるんだが、「キラリ☆セーラードリーム!」とは曲調があまりに異なるせいか最初まったくわからんかった。こういうね、サプライズがたくさんある作品は強いよな。

|

« サンガツの新作は3月発売? | トップページ | ベスト・ギター・フェイスといえば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/2546785

この記事へのトラックバック一覧です: 「GO! GO! HEAVEN!」も「Sh15uya」も観たヨ:

« サンガツの新作は3月発売? | トップページ | ベスト・ギター・フェイスといえば »