« Adam Cohenに関する補足 | トップページ | Tears For Fears 2月はUKプロモーション »

2005/01/30

何か凄かったぞ「仮面ライダー響鬼」

ついに本日スタートの「仮面ライダー響鬼(ヒビキ)」(テレ朝公式東映公式)を観たのだが、オープニングはまるで大河ドラマなインスト。作曲はプログレ・ファンには元KENSOとか云うとときめくに違いない佐橋俊彦。主題歌といいつつエンディングに流れた布施明が歌う「少年よ」はやっぱりバラードだったね。これも大河っぽい。紅白観てオファーってのはどうかと思うが、なかなか作品の空気に溶け込んでいて当たりな感じ。本編中のBGMがまたパーカッシブな曲ばかりでものごっついインパクトだった。内容もとてつもなく濃い。「クウガ」を思い出させる部分もチラホラしてはいたが、平成ライダーでもっとも話としてちゃんと伝わってくる第1話、いや一之巻だった。何か初回から期待感たっぷりではないか。毎回の感想文とかやる気はない(他にやってくれる人が多そうだから)が、毎回観るよオイラは。

|

« Adam Cohenに関する補足 | トップページ | Tears For Fears 2月はUKプロモーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/2752114

この記事へのトラックバック一覧です: 何か凄かったぞ「仮面ライダー響鬼」:

« Adam Cohenに関する補足 | トップページ | Tears For Fears 2月はUKプロモーション »