« 聴いたよGRAHAM CLARK & MARK FELDMAN ON BBC RADIO | トップページ | 「GO!GO!HEAVEN!」&「Sh15uya」第5回 »

2005/02/07

軽いネタ TFFのUSツアーで幕前に流れたCDは?

コンサートの幕前の音楽って気になるよね。Yesだとストラヴィンスキーの『火の鳥』ってのが有名なパターンなんだが、そのYesのメンバーが集まったAnderson, Bruford, Wakeman & Howeのコンサートを観に行ったとき、まったく知らないカッチョイイ音楽が流れて「!」そして「?」となったもんだ。それはブリテンの『青少年のための管弦楽入門』だとかなり遅れて知って、その後CDも何枚か聴いたのだが、あの、コンサートのあの、あの演奏が聴きたいんだよオイラは! 誰か教えてプリーズ。

全然関係のない話から話はTears For FearsのUSツアー幕前という本題に入る。csz.comのツアー・ページの中に「The background music played before the US gigs was the album "Yoshimi Battles the Pink Robots" by The Flaming Lips.」と書いてある。整理するとコンサートのオープニングはこういう流れだ。

前座演奏 : Dirty Vegas (最新アルバムは『One』)
幕前音楽 : 『Yoshimi Battles the Pink Robots』 The Flaming Lips
幕前ラス : 「Famous Last Words」 (Studio track from 『The Seeds of Love』)
本編1曲目 : 「Secret World」 (もちろん『Everybody Loves A Happy Ending』)

おお。この順番で聴けばヴァーチャルUSツアーの始まりを楽しめるわけだぜ。何じゃそりゃ。で、ほいだら『Yoshimi Battles the Pink Robots』ちゅうのはどんなアルバムなんじゃという話。これが実は初期TFFに通じるエレ・ポップみたいな音に、温かくて切ない歌声なんだよ、あらためて聴いてみると。オイラ、実はFlaming Lipsのアルバム、この1枚しか持ってなくってね。だから元はギター・バンドだったとか、CD4枚一度に流せとかいうアホ企画アルバム『Zaireeka』とかの話も、名盤の呼び声高い前作『The Soft Bulletin』についてもなーんにもわからんのだが、この1枚だけで云うとすごくね、Dirty VegasとTFFの間を上手い具合に埋めてくれるような作品という気がするね。ちなみに日本盤を買うと日本語で歌う「Yoshimi Battles the Pink Robots Pt.1」というのがボーナスで入っていて、歌詞がスゴイんだ。「あの娘はヨシミ。カラテの黒帯。ボクらの街のためにずっといっつも鍛えとる。いつかきっと彼女はメチャクチャ強い悪のマシンをシバキ倒すだろう」だって。あのこれネタじゃありませんから。本当に歌詞そのまんま。これだけでも聴いてみる価値アリって気がするでしょ。いや、色物じゃないってば。本当にメランコリーなバンドなんだってば。本当なんだってばー!

|

« 聴いたよGRAHAM CLARK & MARK FELDMAN ON BBC RADIO | トップページ | 「GO!GO!HEAVEN!」&「Sh15uya」第5回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/2844912

この記事へのトラックバック一覧です: 軽いネタ TFFのUSツアーで幕前に流れたCDは?:

« 聴いたよGRAHAM CLARK & MARK FELDMAN ON BBC RADIO | トップページ | 「GO!GO!HEAVEN!」&「Sh15uya」第5回 »