« Clear Frame 「BBC Radio3's Jazz on 3」放送は3月4日だぜ! | トップページ | 「Closest Thing To Heaven」CDSの話を書こうかと思ったのだが »

2005/03/03

「GO!GO!HEAVEN!」&「Sh15uya」第6~8回あたり

もう何かね、ここまでまとめざるを得ない状況だとどうにも自分の中で盛り上がるものが消えて行くわけで。いや普通に面白く観させていただいてるんだけどね。どっちも。

GO! GO! HEAVEN!」 Track6~8
最初に云っておくと8話は見逃した。録画失敗。放送時間の変更があるならもっとちゃんと告知してくれテレ東。なぜタイトルとまったく関係ない内容でちっとも面白くない「給与明細」を観なければならなかったんだ……。気を取り直して6話から振り返るか。ファンの黒雪姫が自殺して世の非難を浴びる自決少女隊。近親相姦という卑弥呼の背負う傷も明らかになり、各メンバー共にドン底。そんな彼女らのとった道は、全員合作での新曲作成だった。いやーキツイ筋立てだが、ここんとこ能天気なコメディ・タッチで進行していたせいか、さほどは気にならない。で、この新曲(タイトル忘れた)は「遺書DVD付きも発売中)」に続いて発売されたりするのだろうか? あ、サントラに収録とかかな。その新曲を引っ提げてラジオ出演したら、これが大反響で世論が一変。ラ、ラジオだぞ? どうでもいいがニッポン放送買収の件もな、オイラは世間に問いたいよ「ラ、ラジオだぞ?」と。で、その後にテレビ出演っていかにもな展開の中で、ジュリアぶっ倒れる。8話はその辺を補足する内容だったらしく大きな進展はなかった模様。以上か。
モト冬樹やイジリーを絶妙に配した辺りは好感度アップ。あと川合千春が上手い。冷静に考えてみると他の3人は別の女優が演じてもだいたい同じような演技になりそうだが、卑弥呼だけは全然違うキャラクターになっちまいそうな。主役級にはなれん人かもしれんが、ちょっと今後が楽しみだな。

Sh15uya」 Face 06~08
さて、3回でどれくらい話が進んだか箇条書きしてみようかね。
●ギャング・グループはパルハンズが統一
●アサギがミウちゃんにリセットされてヘラヘラ
●飛行船の男=ケンゴという正体発覚
●レゲエのおっさんちょこちょこ活躍
●エマ危うし!が連発(でも結局いつも助かる)
そんなもんか。相変わらずディテールまで含めたら詰め込みすぎの内容なのだが、意外にもドーンとは進行してないんだな。ラリッた方向に行きたいのに、理性が物語としての進行を優先して歯止めかけてるというか。どっちつかずではあるんだろうな。それでもクオリティはものすごい高いわけだが。そんな中、ツヨシは主人公のクセにフラフラしてるだけな印象。そんなとこまで平成ライダー・シリーズを引きずらんでもなぁとは思う。7話では何かクリストファー・ドイルがこっそり撮ったのか?みたいな街ふらふら歩きとかもあったなぁ。アクション・シーンも相変わらずマーベラス。で、やっぱりその世界の中心でガッキーが叫んでこその美しさ。ていうか、もう次回からはガッキーを誉めるだけの感想文にシフトしようかと。その方が読者も増えようて。
観られない地域の人も明日3・4から東映特撮BBなどでネット配信開始だそうで。DVDはもう『Sh15uya VOL.2』(5・21発売)が予約開始。コレクターズパックで出るのは『VOL.1』だけなのかな?
取って付けたようにCDシングル「Sh15uya」も発売中!と書いとく。

|

« Clear Frame 「BBC Radio3's Jazz on 3」放送は3月4日だぜ! | トップページ | 「Closest Thing To Heaven」CDSの話を書こうかと思ったのだが »

コメント

 と、君がレヴューをさぼってる間に、ボクは川合千春の写真集を入手したりしとったのじゃよ(w そいや、いとうあいこもなんかでグラビアしてましたな。先週のナッキーに近づいた謎の男は昔、日曜朝にフジでオンエアしてた『バッテンロボ丸』つー番組で、ヒマダ会長を演じていた人だよなーと。他に『もんもんドラエティ』にも出てなかったっけ?と、ここだけでも満足した。もちろんお話も良いですが。

 んで、この二作って30分枠で13本の濃密さは、実は日本のTVドラマとしては一番効果的な尺なのかもね。

投稿: ロヒキア | 2005/03/03 12:36

川合千春の写真集、今度見に行きます。
いとうあいこは先週の「スピリッツ」のグラビアだね。関係ないが「週刊プレイボーイ」にデカレンジャーのウメコのグラビアもあったよ。
謎の男はそんなわけで見落としたわけだが、あんた古い話を知りすぎだよ。おそろしいまでの記憶力だぜ。

30分枠13本の濃密さを重ねていければ何クールも面白い作品が作れるんじゃないかなぁとも思うがなぁ。ドラマ制作の方法がアメリカと日本じゃぜんぜん違うわけだし、まぁ効果的というか限界なのかもね。「Sh15uya」をどんどんラリッた方向にねじ曲げて風呂敷広げるだけ広げて1年ぐらいやってくれたら愉快なのだが。てか、ガッキーが戦う姿を1年ぐらい観たいだけだったりして。仕方ないのでDVDで繰り返し観る1年になることはほぼ決定済み。
そういや話はズレていくが、「Sh15uya」HPのインタビューで唐橋君が、年間枠(「仮面ライダー555」)でドラマやって、燃え尽きてこの次に何をやっていいのかわからなくなっちゃったみたいなことを云ってたのが印象的だったな。

投稿: SHIRO | 2005/03/06 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/3150393

この記事へのトラックバック一覧です: 「GO!GO!HEAVEN!」&「Sh15uya」第6~8回あたり:

« Clear Frame 「BBC Radio3's Jazz on 3」放送は3月4日だぜ! | トップページ | 「Closest Thing To Heaven」CDSの話を書こうかと思ったのだが »