« gameboyzz orchestraいまだに活躍中 | トップページ | 「GO!GO!HEAVEN!」&「Sh15uya」第10回 »

2005/03/15

ヴァネッサ・パラディちゃんはロリータ・ストロベリー・イン・サマーだったんだから!

久々に「THEATRICAL MUSIC LIFE 劇的音楽生活」を更新した。ものすごいハイスピードな更新なので、ブログ化とかしなくて本当に良かった。ヤレヤレ。

さて、今回のネタはヴァネッサ・パラディちゃんだったわけだが、たぶん若い人々からは「何でジョニー・デップの傍らにいるガリガリのオバサンが『ちゃん』付けなんだよ?」というツッコミが来るに違いない。説明しておく。ヴァネッサちゃんはいわゆるフレンチ・ロリータとして注目を集めたアイドル女優&歌手だったのだよ。大人の魅力ムンムンただしモノクロの『橋の上の娘』じゃなくてな、『白い婚礼』を観てごらんって。云っておくけど露出は少ないよ。当時でも「ええーッ? こんだけ?」と思ったくらいだけどな、それはさて置いても少女ならではの美しさを一身に背負ったパラディちゃんのまばゆい姿が観られることは間違いない。当時は肉付きも良かった。だいたい教師との禁断の愛がテーマの物語だからね。男子校だったオイラなんかもう萌え萌えだったわけさ。
どうでもいいが「萌え萌え」って書くだけで恥ずかしい表現だね。

そんなわけでキャリアとしては歌手よりも女優の部分で脚光を浴びた形となっていったヴァネッサちゃんだが、音楽活動においても大きな成果を残している。
デビュー作『M&J』の瑞々しさ、エッセイで採り上げた2nd『Variations Sur Le Meme T'Aime』のポップ感覚、レニー・クラヴィッツとくんずほぐれつで作った『Vanessa Paradis』とそのツアーを収録した『Vanessa Paradis Live』の若さゆえの疾走感みたいなもんは今からでも聴いておいて損はない。逆にそこで止まっちゃってるかもしんないオイラと変わらん世代には、2000年発表の『Bliss』の抑制された大人のムードで迫るパラディの歌声に耳を傾けてほしいね。本人が積極的に作詞や作曲などにも関わって、穏やかな音楽ながら、聴き応えは充分だぜ。その後のツアーを収めた『Vanessa Paradis Au Zenith』(DVD版もあり)もまだ手に入れてないんだけど、きっと良い出来だと思うよ。

|

« gameboyzz orchestraいまだに活躍中 | トップページ | 「GO!GO!HEAVEN!」&「Sh15uya」第10回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/3314709

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァネッサ・パラディちゃんはロリータ・ストロベリー・イン・サマーだったんだから!:

» 今日はローションでしちゃいました(*ノωノ) [ロリッ娘♀イチゴの調教日記]
【エロリ】のI・CHI・GOでつ(*ノωノ) (´Д`*)ハァハァイチゴはまたしても発情中でつ(´Д`*)ハァハァ 無料アダルト動画サイトでハッスル... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 20:58

« gameboyzz orchestraいまだに活躍中 | トップページ | 「GO!GO!HEAVEN!」&「Sh15uya」第10回 »