« 世界一かっこいいハゲと云えば? | トップページ | gameboyzz orchestraいまだに活躍中 »

2005/03/12

まだあったのよThe Blue Nileのライブ音源

以前、アルバム『High』発売に伴うThe Blue Nileのラジオ・ライブの話を書いたが、もっと音質が良くてしかも映像付きというラジオ・ライブのアーカイヴがあったのだよ。だいぶ前に気づいたのだが、書くのを忘れていた。

てか、ネット・ライブ音源に精通した人には鼻で笑われそうだったりするが、KCRWの名物ライブ番組「Morning Becomes Eclectic」のアーカイヴにあったのだよ。直リンできないみたいなので、下の方の「more Morning Becomes Eclectic shows」てとこから探してくれ。他のライブに目移りしそうになるのはとりあえずこらえてな。

2004.9.30の放送で、やはり出演はPaul BuchananとギタリストのLarry Saltzmanのデュオ。そのためかアーティスト表記も「Paul Buchanan of the Blue Nile」となっている。
セット・リストは以下の通り。

THE BLUE NILE Live in Morning Becomes Eclectic
Easter Parade
I Would Never
Because Of Toledo
She Saw The World
-Interview
A Walk Across The Rooftops
Heatwave
Let's Go Out Tonight

曲順はXM Radioの時とまったく違う。嬉しいことに音質も演奏にかける気合もコチラの方が上だ。さらにラストに『Hats』からの名曲も演奏してくれてお徳した感じ。ブキャナンの楽曲がネイキッドな姿で迫ってくるライブなので、ファンは必見&必聴でしょう。

この「Morning Becomes Eclectic」のアーカイヴがまた興味深い面子が揃っていてたまらないのだよ。Tears For Fears関連だと、映画『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』のサントラで大注目を浴びて先頃新譜『Fisherman's Woman』を出したばかりのEmiliana Torrini(前作『Love in the Time of Science』はローランドのプロデュース)、「Mad World」のカバーで一躍有名になったGary Julesのパフォーマンスが観られる。その他、Randy Newman、Sarah McLachlan、Keane、Alanis Morissette、Sonic Youth、Patti Smith、Brad Mehldau、Craig Armstrong(!)、Elvis Costello and The Imposters、Mercury Revといったラインナップのレア・ライブがドーン。ここに書いたのはオイラの趣味がベースになってる全体の一部でやんす。
ちなみに日本からもTokyo Ska Paradise Orchestraのライブが流されているよ。

|

« 世界一かっこいいハゲと云えば? | トップページ | gameboyzz orchestraいまだに活躍中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/3264409

この記事へのトラックバック一覧です: まだあったのよThe Blue Nileのライブ音源:

» She Saw The World / Blue Nile (Promo) [猟盤日記]
アルバム『HIGH』からの2ndシングル。ebayで£8(総支払い£10)。プロモ盤で、ビニールのケースに紙製のインナー、ケースには説明のステッカーが貼ってある。 [続きを読む]

受信: 2005/05/17 21:22

« 世界一かっこいいハゲと云えば? | トップページ | gameboyzz orchestraいまだに活躍中 »