« Pacific Stateって | トップページ | それはBrecker Brothersだった »

2005/04/11

Neneh Cherryがガップリ参加したプロジェクトが始動!

実はNeneh Cherryの隠れファンだ。3枚出ているソロ・アルバム『Raw Like Sushi』、『Homebrew』、『Man』はもちろん、いつの間にかCDSもたくさん集まっちゃってYoussou N'Dourとのデュオで出した「7 Seconds」とか何枚もあったり。だって収録曲が違うんだもの。4枚目のアルバムが出る出る云われながらズルズルと7年ぐらい経っているのだが、その間にはPeter Gabriel(『Ovo』)や1 Giant Leap(CDS「Braided Hair」)から義弟であるEagle Eye Cherry(『Living In The Present Future』)まで1曲だけ収録~みたいなゲスト参加ばっかりやってきた。思わせぶりな小悪魔め。いやーもう大きい子どももいるオバサンなんだけど声は衰えていないからさ。小悪魔でもまぁいいだろ。あ、そう云えば藤原ヒロシの『Nothing Much Better To Do』にも1曲だけ参加曲が収録されてたね。

そんな中で、ついに2005年、純粋なソロ作ではないが、彼女がガップリ参加したプロジェクトがついに始動することになった。それがCirKus。もちろんミスター・サマータイムではない。「Buffalo Stance」からこっちずっと組んできたCameron McVeyとコラボレーションという形で発表される作品ということだそうな。すでに公式HPが立ち上がっており、収録曲のほとんどがサンプル試聴できる(てか、現状はそれだけのサイトで情報がゼロだったりする)。Kid Suda、Karmilという別のシンガーが歌っている曲もあるのだけど、ネナ・チェリーの最新ソロ作と云われても納得してしまいそうな「Is what it is」とか「Love can」といったネナ歌いまくりのナンバーもあってな。逆に目新しさがちょっと感じられない気もするが、結局やっぱりかなり楽しみ。このアルバム、どうやら今年中には発売されそうだ。うちにはヒップホップのCDってほとんど存在しなくって、それは単に積極的に聴くことを何か後回しにしちゃっているだけなのだけど、彼女の作品群は発表される度に好きになってしまうわけで。ご多分に漏れずといったことになっちまうに違いない。

ちなみにゲスト参加の予定も相変わらずけっこうあって、Timo Maasの新作『Pictures』や、何とGorillazの新作『Demon Days』で歌声が聴けるようだ。また、昔やったCarl Coxとのコラボレート作品がようやく日の目を見たり、Virgin Soulsというこれまたちょっと前にやってたプロジェクトの全貌がようやくつかめるCD『162』とかが出ていたりもするようで。いろいろと目が離せないのさ。

|

« Pacific Stateって | トップページ | それはBrecker Brothersだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/3651524

この記事へのトラックバック一覧です: Neneh Cherryがガップリ参加したプロジェクトが始動!:

» 4年ぶりに再始動!/ GORILLAZ [汚戯言-otawagoto-]
 4年ぶりである。と言うよりも、このプロジェクトで2ndアルバムが発売されるとは思ってもいなかった。本人達のやりたい事を一切合切詰め込んで、その瞬間に放たれたパワーのみで終了・・・的なノリを感じていたからだ。しかし、そうではなかった。  アフリカン・ミュ...... [続きを読む]

受信: 2005/04/18 19:55

« Pacific Stateって | トップページ | それはBrecker Brothersだった »