« ライヴ・エイト ダイジェストを観て | トップページ | ゴールデンアイドルポップス大賞2005・夏(上半期) »

2005/07/12

Curt Smithの「Tracks Of My Years」

今週末、Las VegasはMandalay Bayから2nd米国ツアーを開始するTears For Fears。果たしてセットに新たなナンバー(英国&イタリア盤収録のボーナス・トラックとか、編纂中といわれる新ベスト盤に収録予定の曲とか)が入るのかどうなのかなどなどたいへん楽しみなわけである。そんな中、csz.comにCurt Smithの「Tracks Of My Years」なる記事が出ているので、ちゃっかりパクらせていただく。

「Tracks Of My Years」てのは、BBC Radio 2で放送されている、週替わりでさまざまなミュージシャンのオススメの曲を紹介するミニ番組。David Crosby、Peter Hook、Albert Hammond、Mariah Carey、Divine Comedy、Annie Lennox、Blue、Enrique Iglesias、Will Youngてなラインナップに紛れてCurt Smithが登場したってのはちと唐突感もぬぐえんわけだが、ファンならそりゃ大歓迎じゃ。
7・4~8に放送された興味深いラインナップは以下の通り。

●Monday 4th July
「Only Women Bleed」(『Welcome to My Nightmare』収録) Alice Cooper
「Once In A Lifetime」(『Remain in Light』収録) Talking Heads
●Tuesday 5th July
「Life On Mars」(『Hunky Dory』収録) David Bowie
「No More Rain (In This Cloud)」(『Black Diamond』収録) Angie Stone
●Wednesday 6th July
「I Try」(『On How Life Is』収録) Macy Gray
「Look What You've Done」(『Get Born』収録) Jet
●Thursday 7th July
「Rocket Man」(『Honky Chateau』収録) Elton John
「Sign O' The Times」(『Sign O' The Times』収録) Prince
●Friday 8th July
「Do You Realize?」(『Yoshimi Battles the Pink Robots』収録) The Flaming Lips
「Happiness」(『Peace at Last』収録) The Blue Nile

前にAmazonの企画で選んだ10枚のアルバムと被ってたり被ってなかったりでんな。Angie Stone、Macy Grayという黒人女性ボーカリストが意外というか驚きどころ。個人的にはThe Blue Nileの「Happiness」を選んでくれたあたりにニンマリいたしておりやす。

|

« ライヴ・エイト ダイジェストを観て | トップページ | ゴールデンアイドルポップス大賞2005・夏(上半期) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/4945992

この記事へのトラックバック一覧です: Curt Smithの「Tracks Of My Years」:

« ライヴ・エイト ダイジェストを観て | トップページ | ゴールデンアイドルポップス大賞2005・夏(上半期) »