« Pat Metheny & Ornette Coleman 『Song X』再発って | トップページ | いまさら映画『8 Mile』を観た »

2005/08/17

Miles Davisのセラー・ドア6枚組CDボックスがついに!

出るようだね。

The Cellar Door Sessions 1970 - 6-CD box set
Members: Miles Davis with Gary Bartz, Keith Jarrett, John McLaughlin, Michael Henderson, Jack DeJohnette and Airto Moreira

邦題は『ザ・セラー・ドア・セッションズ1970』。もちろんColumbia/Legacyからの正規盤(日本ではSMEが出している)。海賊盤じゃないで。一応、説明しておくとこの6枚組CDボックスは、『Live-Evil』というアルバムに収められたというか、アルバムの核を成すライブ演奏4曲を含む、3夜にわたる狂乱のコンサートをコンプリート収録したものだ。ま、メンツを見れば何となく音が浮かぶわな。浮かばんか? ディープなファンから叩かれまくったComplete Sessionsシリーズが一段落して、次はコレが出る出ると噂されていたが、ついに本当に出てしまうようで。幻の音源の復活なんだから、もっといろんなとこで話題になっていいのに。発売は9・21。1ヵ月後ぐらいに発売だというのに、ブログなどでもまだあまり採り上げられてない様子なので書いてみた。楽しみ楽しみ。

で、ちょと休んでいたのだが、オイラも復活(の予定)。

|

« Pat Metheny & Ornette Coleman 『Song X』再発って | トップページ | いまさら映画『8 Mile』を観た »

コメント

 Milesといえば確か、Rhino編集によるWarner時代の
Box Setが発売されるという話で、トラックリストも発表されて
いたのだが、いつの間にか話は立ち消えになりました。
 もう5年以上も前の話ですが・・・

 もし発売されていれば、当時未発表のままお蔵入りした
Princeなどとのコラボレーション音源も日の目を見るはず
だったのだが・・・

 未来永劫発売される予定はないんだろうか?

投稿: alessandro | 2005/08/18 00:48

『ワーナー・ブラザーズ・イヤーズ』ですな。最後期のマイルスのレア音源をズラッと並べた5枚組になるはずでしたが、見事にポシャッちゃいましたね……。一説にはalessandroさんも相当聴きたいに違いないプリンスとの曲(マイルスの最終レコーディング作だったとも伝えられる)を収録するにあたり、ワーナーと確執のあるプリンスが難癖つけたためとも云われてますよね。

問題点をクリアすれば、つまりアナウンスされた楽曲の何曲かを削れば簡単に出せるんじゃないかとも思いますが、ニーズがありそうなのに出ない現実からして、もっと深いところに発売されない理由があるのかもしれません。

投稿: SHIRO | 2005/08/18 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/5506566

この記事へのトラックバック一覧です: Miles Davisのセラー・ドア6枚組CDボックスがついに!:

« Pat Metheny & Ornette Coleman 『Song X』再発って | トップページ | いまさら映画『8 Mile』を観た »