« Live 8のDVD化はドーンとPink Floydをフィーチャー! | トップページ | Craig Armstrong新譜情報でやす »

2005/09/08

そしてデジタルで癒されたわけで

圧倒的にネタがないので、その後、オイラが癒されたくて聴いたCDを列記する。

Tangram』 Tangerine Dream
調子に乗って『Atem』も聴いたらやたら疲れた……。『Tangram』はもうすんばらしく開けた作品なので、『Phaedra』『Rubycon』あたりでTD追うのやめちゃった人も今こそ聴け。

Rhizosphere / Live, Paris 1982』 Richard Pinhas
リシャール・ピナス。フランスの人。King Crimsonオタクが嵩じてHeldonというバンドをやってた人。ソロではFripp & Enoオタクしてるものがあったりする。これも前半はそんな感じ。後半のライブではクリムゾンぽさもあるでよ。

Sunrain』 Ashra
降り注ぐ音の陽光。今日みたいに灼熱の太陽ではなく、やわらかい陽射しのシャワーっす。ポコポコと気が楽になるっす。

って、デジタルやんけ。
何かツッコミさえ元気ないなぁ……。

|

« Live 8のDVD化はドーンとPink Floydをフィーチャー! | トップページ | Craig Armstrong新譜情報でやす »

コメント

あしゅらって、 Ash Ra Tempel とか Ash Ra とか Ashra とか、いっぱいあってわかんねーよっ! でも好きー。まだ聴いたことない作品もあるんですけどね。 PT に "Rainy Taxy" ってインスト曲があるんですが、これがもう、モロにあしゅらっぽくて最高なんです。それだけなんですけどね。

そうそう。師匠から拙ブログに頂いたコメント内の文言が、来訪者の 「検索ワード」 として検出されました。 「バッチ来い 意味」 でした(笑)。面白かったので報告申し上げます。

投稿: SWJPBO | 2005/09/10 07:59

初期のAsh Ra Tempelの頃とTempelが付かなくなって以降ではだいぶ音楽性が違うんですよ。Tangerine Dreamも時代を経てどんどん様変わりしてますが、どっちもだんだん聴きやすくなってきてます。どの時代が好きかは好みなんで人それぞれでしょうけど。てか、音楽性が変わってもクオリティは変わってないと思ってます。どっちも。

PTのその曲は何てアルバムに入っているのかしら。後で調べてみます。

検索ワードって興味深いですよね。うちには最近「グライダー 事故」で来る人が多いのですが、それでマイナーなバンドのギタリストが腕の骨折ったアホ記事読まされてガックリ肩を落としている人がたくさんいるのかと考えると、申し訳ない思いで胸がいっぱいです。

投稿: SHIRO | 2005/09/12 23:42

綴り間違えちゃいました…。 "Rainy Taxi" でした。恥ずかし。ベスト盤の 「Stars Die」 又は2枚組 「Up the Downstair」 のオマケCDにて聴けますです。 「Join Inn」 の "Jenseits" に空気が同じ、なので SHIRO さんがお持ちのあしゅら総体に対するイメージとは異なるかも…、と先に言い訳しておきます(笑)。

>申し訳ない思いで胸がいっぱいです。
………(笑)。

投稿: SWJPBO | 2005/09/13 23:54

『Join Inn』、実は持ってないんだなァ……。PTの方ももちろん持ってないっす……。まだまだいろいろ面白そうなCDがあって、聴くのが楽しみでなかなか死ねません。

投稿: SHIRO | 2005/09/18 19:29

どうもです。TBさせていただきました。

ECHOWAVESに匹敵するくらい、
『Sunrain』 Ashraに最近はまっています。

ミニマルものは、気持ちよすぎです。

投稿: グッドトリップ | 2005/11/21 02:42

いらっしゃいまし。
「Sunrain」は気持ちイイですよね。名曲というか名演だなァと思いますよ。

世の中、気持ちの悪いミニマルものも多々あるようには思いますが……。あと気分次第でイライラしてくる作品もあるような。

投稿: SHIRO | 2005/11/24 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/5851890

この記事へのトラックバック一覧です: そしてデジタルで癒されたわけで:

» ▼△ New Age Of Earth / Ashra △▼ [グッドトリップ フロム 吉祥寺]
名称をアシュラに変更して初のアルバム。 年代から見ると、 『INVENTIONS FOR ELECTRIC GUITAR』の直後にあたるアルバム。 作風は、ギターサウンドが控えめになり、 【電子楽器+エフェクター】による多重録音を 中心にした制作に切り替えています。 1,3がテクノ系、2,4がアンビエント系で構成されているのですが、 正直、すべて非常に良くできております。 名曲といわれる1曲目のSunrainや、アンビエントサイドの2曲もいいのですが、 個人的には3..... [続きを読む]

受信: 2005/11/21 02:40

« Live 8のDVD化はドーンとPink Floydをフィーチャー! | トップページ | Craig Armstrong新譜情報でやす »