« 「Live DEPT.4 #4」に行ってきただよ | トップページ | Phil Manzaneraの最新作『50 Minutes Later』が日本盤化 »

2005/11/23

George Michaelのドキュメンタリー映画が日本公開

されるそうで。

ジョージ・マイケルのドキュメンタリー映画、日本公開CDJournal

オイラの洋楽を聴き始めるキッカケが3本のカセットテープからだったという話はどっかで書いたので省略するが、そのうちのひとつがWHAM!でな。それと、ちょっとWHAM!絡みの人物のなかなか面白いCDを入手したので、いろいろ書こうかと思っていた矢先のことで。私生活云々よりも彼の音楽的な部分についてどう描かれているのか、興味深い映画だな。あ、公式HPができている。

ちなみにPaul Rodgersをボーカリストに迎えてツアーしているQueenであるが、George Michaelでも面白かったんじゃないかと本気で考えている。それほどに「Five Live」というEPは出来が良かった。特に「These Are The Days Of Our Lives」は名演。Queenで一番好きなアルバムは?と聞かれれば即座に『Innuendo』と答えるオイラとしては、このアルバムからの楽曲をライブで演奏してくれたってだけでも『フレディ・マーキュリー追悼コンサート』にジーンと来ちまったもんだ。EPに収録されているのも、この時の演奏と同一な。爽快な演奏ゆえに泣けるという不思議な体験ができるはず。

この映画がキッカケになって再評価されるとイイなァ。聴いたことない若人は中古CD屋で二束三文で売られているソロ・アルバムの数々を聴いてみてほしいね。お買い得。

|

« 「Live DEPT.4 #4」に行ってきただよ | トップページ | Phil Manzaneraの最新作『50 Minutes Later』が日本盤化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/7289682

この記事へのトラックバック一覧です: George Michaelのドキュメンタリー映画が日本公開:

« 「Live DEPT.4 #4」に行ってきただよ | トップページ | Phil Manzaneraの最新作『50 Minutes Later』が日本盤化 »