« 寺山修司のラジオドラマCD化 | トップページ | 結局のところSweetSばっかし聴いていたわけで »

2005/12/17

宇多田ヒカルはポップ・モンスターを目指すのか

と、新譜「Passion」を聴いて思った。確かにデジタルな音色や歌い方というか母音の引っ張り方はbjorkを意識しているように聴こえなくもないが、それ以上に感情の赴くままにヒラヒラと歌っているだけってか作ってるだけという気がするよ。前作「Be My Last」からこっち、どうも商品をパッケージングして売るという発想をどちらかいうと捨ててるような。それを世間は更なるアーティスティックな高みに上ったと捉えるのかもしれん。そういうもんはぶっちゃけ取っ付きにくい。変な音楽が好きなオイラは喜ぶが、普通の人はうーんと唸る。で、そんなもんでもきっちりチャートに乗っけていくようになると、今あるヒッキーからバケモノに変わっていけるんじゃないかなと。

で、そういう方向に行かないと何か矢野顕子みたいなところにたどり着いちゃう気もしてるんだよ。いや、それならそれでいいんだけど。ま、どっちも見てみたいっちゃ見てみたいんだが。

てか、何でこんなことを書いているかっていうあたりは次回に続こうかと。

ちなみに、インタビューとかPVの一部はココで見られるぜ。

|

« 寺山修司のラジオドラマCD化 | トップページ | 結局のところSweetSばっかし聴いていたわけで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/7671655

この記事へのトラックバック一覧です: 宇多田ヒカルはポップ・モンスターを目指すのか:

« 寺山修司のラジオドラマCD化 | トップページ | 結局のところSweetSばっかし聴いていたわけで »