« アンジェラ・アキを見てもエディ・リーダーのまがいもんにしか見えない | トップページ | Edie Brickell & New Bohemiansの新譜がッ! »

2006/06/25

相変わらずCD三昧のRobert Fripp 『Exposure』

Exposure

相変わらずCD三昧の日々を送っているのであった。海外からもドドッと届いてな。ただいまはやっと再発されたRobert Frippのソロ・アルバム『Exposure』に痺れているところなのだ。アヴァン・ポップってどんなものかと聞かれたら、これを渡せばいい。ヒリヒリとする鋭いギターをバックに、ダリル・ホールが叫ぶ、ピーター・ハミルが吼える、テリ・ローチェが唸る。そんな中、「Mattekudasai」の原型な「North Star」とか「Peace」ライクな「Mary」とかフリッパートロニクスがフニョーみたいな曲など、静謐な空気漂う曲が絶妙に配されている。終わり方が地味で肩透かし食らわされた気もするが、そういうの含めてフリップらしいとも。それからオイラは「Here Comes The Flood」という曲が大好きでな。特にここで聴けるヴァージョンは、一等好きなのよ。半分は久しぶりにこれが聴きたくて買ったようなもんだ。CD1にはLP原版のリマスター、CD2には旧規格のCD再発時にリミックスされボーカル差し替えなんかが少々ある音源のリマスター+蔵出し別テイク数曲を収録といった構成だが、正直、CD1とCD2の違いは些細な好みの差でしかないんじゃないかと。別テイク5曲も、正規収録されたヴァージョンと比べると、まぁボツになっても仕方ないかなという出来。とは云え、これも好みの問題で、こっちのが好きって人もいるかもしれない。旧規格のCDはレンタルしてテープに録って聴いていたので音質比較なんてお恥ずかしいことはできん。ただ別テイクも含めて全体にかなりクリアーで奥行きのある音だとは思うよ。たっぷり堪能した。

■これから聴く予定のCD(一部)
Karma』 NDV
Le Bureau Central Des Utopies』 Conventum
I Move』 IZZ
Fabulis Mirabilibus de Bombycosi Scriptis』 Kenso
『Progday 2001』 V.A.

彩音でも触れたことあるようなのばっかだが、日本では相当に手に入れずらそうだったのでな。それから今頃かよのThe Red Masqueの『Feathers For Flesh』も入手した。何よりも『Matt Chamberlain』なのだが、追い追いそれぞれ紹介できるんじゃないかと。

ちなみにコチラでここんとこ音楽ネタを2本ほどやってるんで、エステラ・ウォーレンに興味のある向きは移動してみてくだされ。

|

« アンジェラ・アキを見てもエディ・リーダーのまがいもんにしか見えない | トップページ | Edie Brickell & New Bohemiansの新譜がッ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/10667318

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずCD三昧のRobert Fripp 『Exposure』:

» news : Steven's Playlist 更新 - Steven Wilson [Steven Wilson JPBO]
久々の Steven's Playlist 更新です (左下掲載) 。今回は Fripp 御大の "Exposure" がトップですね。 同アルバムについては 『La T-Calf』 の kazz1200 さんと 『彩音』 の SHIRO さんが詳細に解説下さっていますので是非ご覧下さい。 それから、本家 SWHQ のリストには..... [続きを読む]

受信: 2006/07/17 01:33

« アンジェラ・アキを見てもエディ・リーダーのまがいもんにしか見えない | トップページ | Edie Brickell & New Bohemiansの新譜がッ! »