« Edie Brickell & New Bohemiansの新譜がッ! | トップページ | Tears For Fears 『Secret World』 NTSC版DVD付き 感想じゃい »

2006/07/10

最近のFOREIGNERなのだが

リリースがないのでほとんど気にされていないな。ライブ・バンドとしてはしっかり活動が続いていて、最新のラインナップは以下の通り。

Mick Jones (g,vo)
Jason Bonham (ds)
Kelly Hansen (vo)
Jeff Jacobs (key)
Jeff Pilson (b)
Thom Gimbel (g,sax)

おいおいルー・グラムはいないのかよとか思ってる元ファンも多かろうけど、とっくに脱退。一昨年の25周年ライブでは老残をさらすような歌声に嘆きの声もかなり挙がったようで、さもありなんというか、あのハイ・トーン・ボイスはそりゃいつまでも出るわけないってば。そして今はケリー・ハンセンというHurricaneやらUnruly Childやらいうバンドにいたボーカリストが歌っている。結局、FOREIGNERってのはミック・ジョーンズのバンドなんだろうし、ボーカルが変わるのも仕方ないっちゃ仕方ないんだが、公式HPでもなかったことになっているUnusual Heat』という作品もあったしなぁ……。
と、お嘆きの貴兄もまずはその公式HPのギャラリーのページを観るよろし。肝心のギャラリーそのものがカミング・スーンでズッコケそうになるのをこらえれば、左側に昨年のツアーから「Jukebox Hero」の映像が観られることに気づくだろう。この5分あまりの動画がけっこう見応えあってな。ボーカルの兄ちゃんはいくぶんソウルフルだが高音もしっかりこなして良い感じ。そして演奏がイイんだよ。マーティ・フリードマンが「ふぉ~りなーはめちゃめちゃメタルじゃないですか~!」とか云った後に弾いているかのようなゴリゴリの音がかなりカッコいい。聞けばベースの奴は元Dokkenだってな。だからってわけでもないだろうけど、ロック・バンドとしての面目躍如ってか、懐メロ・バンドではない姿に血が騒いだぜ。で、ドラムがジェイソン・ボーナムということで親父さんのいたバンド、Led Zeppelinの「Whole Lotta Love」が中間部に挿入されている。この出来なら生で観たいじゃないか。来日公演は何とかならんのか。
ちなみに調べたら『Extended Versions』って激安CDがこのメンツでのライブ盤だそうで。何だよせっかく調べたのにメンバー情報とかカスタマーレビューに載ってるじゃんか。買いますよあたしゃ。

そんなわけでまたしても『Matt Chamberlain』を先送り、Edie Brickellをぶっちぎり、友人のロヒキア君の「吉川晃司をネタに『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』について何か書け」という無理難題を投げ捨てて、ぜんぜん違うネタなのであった。

サッカーも決着がつかないことだし、せっかくだから映画版カブトについて書くと、我々は宇宙ネタにしたために元々ホラー映画だったはずなのに笑うしかない出来になっちゃった『ヘルレイザー4』という作品を知っているからね。監督が知らぬ間に石田秀範からアラン・スミシーにならないことを祈るよ。思えばこの作品を観たのは東京ファンタスティック映画祭だった。上演開始と共に拍手喝采。オチのとこでは大爆笑と拍手の渦だったなぁ。こういう作品をああいう場で観られたのは幸運だったかもしれない。東京ファンタ再開を心より祈願するよ。
あと最近の仮面ライダーな、敵に魅力が無さ過ぎるんだよ。平成ライダーで敵の名前覚えてるのあるか? 妖怪は別として。それが一番の不満だ。そんな中でジダン退場!? あんたが悪役になろうとは。いやー、これがドラマだよ。最近のライダーは脚本が予定調和な感じがしてなァ。意外な展開を演出しているようでも、実際は意外に感じられないんだよね。「カブト」も各キャラクターはかなり際立っているのに、何かもどかしくってさ。あと、ライダー同士でいがみ合うのはもうそろそろやめた方がいいよね。それぞれの正義で戦うとか別にどうでもよくって、単にカッコいいと思わせられるライダー像が観たいもんだ。それにつけても、こりゃPKだな。振り返れば、テキトーにだらだら書くとヒドイ悪文だ。たまにはいいか。

|

« Edie Brickell & New Bohemiansの新譜がッ! | トップページ | Tears For Fears 『Secret World』 NTSC版DVD付き 感想じゃい »

コメント

「仮面ライダー剣」のアンデッドなんかは、人間体があって、それぞれの生き様があって良かったんだけどね。名前も○○アンデッドてー覚え易かったし。

予定調和の部分はねー、やっぱ勢いよく複線盛り込んだ末に収集つかない状況が続いたせいなのかなーと。まぁ、説明的過ぎるのもどうかと思うけどサ。

投稿: ロヒキア | 2006/07/14 11:47

そこは突っ込んでくるかなァとは思っていたのだが、それじゃどんな敵だったかを思い出せるかというとほとんど思い出せんのだよ。ジョーカーは流石に印象強いけど。
中身の存在感もそうなんだけど、特にデザインのインパクトが弱くなってきてるってのが問題だと思うんだ。ウルトラマンの方の人気怪獣ランキングみたいのがちょうど発表になったけど、敵側がキャラクター・グッズとして成立するようなところを、今は望めないというぐらいに印象が薄いんだよね。
複線盛り込みすぎは別にいいんだけどね。トータルで面白けりゃ。本線が見えなすぎてな。結局、「響鬼」はよくできてたんだよね、そういう意味じゃ。童子と姫の描き方さえもっとちゃんとしてりゃなァとは思うが。

投稿: SHIRO | 2006/07/14 22:11

やっぱりモンスターはスター。

スター性の欠如なのかねェ…。

そういう意味でウルトラ怪獣の正当な後継者はポケモンって事になるのかな?

投稿: ロヒキア | 2006/07/15 11:21

ポケモンといえば、某インタビューにて「仮面ライダーやウルトラマンは体張って自分で戦うけど、ポケモンは代理で戦わせるんだろ?鼻で笑っちまうぜ」的な発言をしていた武藤敬司(全日本プロレス社長)に惚れ直してしまいましたよ。プロレスLOVE。

だから多分、ヴィジュアルのインパクトだけじゃ違うってことなんじゃないですかね。

投稿: SHIRO | 2006/07/17 00:31

ポケモン自体は体張ってるだろー(笑)

まぁウルトラマンも怪獣の一種だし、仮面ライダーも怪人の一種。それはゴジラ辺りにルーツが求められる。

サトシ君の立場は、いつしか傍観者の立場に収まった人類というコトなんだよ。だからウルトラマンシリーズって最後は"人類の自立”ってトコで終わるんだろね。

投稿: ロヒキア | 2006/07/17 23:07

いやウルトラマンやライダーになろうって子どもはいても、ポケモンになろうってのはいないべさ。

自分がヒーローになるのではなく、ヒーローの横にいる非力な人間としての主人公というのを憂いているわけでな。ストーリーは別よ。サトシ君だって彼なりに頑張っているわけなんだろうし。図式とか構図として時代は変わったなぁという話。
サトシ君が静弦太郎from「アイアンキング」みたいなんだったら話は別なんだが。

投稿: SHIRO | 2006/07/19 19:21

サトシ君=静弦太郎

いいね!斬新だ。つーか『アイアンキング』が革新的過ぎなのかな?加賀美がライダーで、変身しない天道が主役の『仮面ライダーガタック』という番組も見てみたいですよ(笑)

投稿: ロヒキア | 2006/07/20 21:27

天道は変身しないでも強そうだよね。

でも普段はむしろキッチンスタジアムで戦ったり、フードファイターとして戦ったりしてそうなところがなぁ。

さておき、生身で戦うキャラクターはやっぱり魅力的だよなー。

投稿: SHIRO | 2006/07/21 03:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/10863549

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のFOREIGNERなのだが:

« Edie Brickell & New Bohemiansの新譜がッ! | トップページ | Tears For Fears 『Secret World』 NTSC版DVD付き 感想じゃい »