« Strawberry Bubblegum In Summer | トップページ | 10周年なのでSPEEDさんたちの今を »

2006/08/05

Nemetonが復活していたのね

UV

Nemetonと聞いてピーンと来る人がどれくらいいるか微妙なのだが、これは十数年前にUKを席巻したテクノ・ユニット、The Shamenの公式サイトの名前だ。当時、テクノというとダンス・ミュージック直行という印象というか風潮が強くあってな。今でこそ普通になっちまったけど、そこにロック・テイストだとかポップな聴きやすさだとかが加味されて、オイラなんかも「フーン」と興味をそそられたのがこいつらが活躍していた頃ぐらいからなんだよね(YMOとかDEVOはいたにせよ)。アシッド・ハウスとか云われて踊る音楽の範疇ではあったけど、音的には十分ワクワクさせられたもんだ。ドラッグ・カルチャーとの関わり云々もオイラにしてみりゃ時代と歩調が合っちゃっただけじゃんかってなもんで。で、彼らのラスト・アルバムでMOKSHAという自分らのレーベルから出したせいか何故か長いこと入手困難盤だった『UV』もうちにはあったりする。個人的には実によくできたアルバムだと思う『Axis Mutatis』(買うなら『Arbor Bona Arbor Mala』というボーナス・ディスクが付いた2枚組盤に限る!)から以降、坂を転げるように表舞台から消えていった彼らだが、この最終作ではもうヤケッパチ気味に過去の自分たちのイメージをなぞっているかのような開き直り感が見事だ。ドバーッとやればいいんだよ!の典型ともとれる。結局、これを最後に消えちゃったけど。で、間もなくしてNemetonも消えた。サーバーの問題と云われていたわけだが、それが先月、復活したようなのである。せっかくだから彼らの音楽を聴いたことがないっていう若い子たちは、レア音源をフル視聴できるページがあるので、まずは聴いてみたらいいじゃないか。

首謀者であるColin AngusことColin ShamenことMr.Cは、『Change』というアルバムをはじめいくつかの作品を発表しているけど、追いかけなくなってしまって久しく、Nemetonの復活と共に何か新しい展開を考えているのだとしたらかなり興味深いね。

補足:彼らの1stアルバム『Drop』リマスター盤にはボーナス・トラックで先ごろ亡くなられたSyd Barrettの「Golden Hair」のカバーが収録されている。彼らは初期Pink Floydをはじめとしたサイケデリック・ミュージックからの影響を受けながら音楽活動をスタートしているということを知ると、また違った目線で捉えられるようになるんじゃないかと。

|

« Strawberry Bubblegum In Summer | トップページ | 10周年なのでSPEEDさんたちの今を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/11290112

この記事へのトラックバック一覧です: Nemetonが復活していたのね:

« Strawberry Bubblegum In Summer | トップページ | 10周年なのでSPEEDさんたちの今を »