« BrufordのDVDの訂正とバックレたAnnette Peacock | トップページ | 本日はRushを聴いておった »

2006/10/13

Melanie CによるThe Blue Nileのカバーを

Reason

今頃になって聴いてみた。ちなみにオイラはSpice Girlsはかなり好きだったりする。今や中古なら1円で買えるらしい『Spice』収録の「2 Become 1」は海外アイドルポップス史に燦然と輝く名曲ではないかと。ソロになってからの皆さんもなかなかツボを刺激してくれる作品を作ってくれているのだが、カバー曲のセンスもオイラとたいへんウマが合うかんじでな。Emma Buntonが『A Girl Like Me』でEdie Brickell & New Bohemiansの「What I Am」をカバーしてくれたと思ったら、Melanie CThe Blue Nileなんだもの。渋い。渋すぎる。と、つぶやきながら顔ニヤニヤみたいな。
Reason』は2ndアルバムで2003年発表。カバーされているのはThe Blue Nileの4thアルバム『High』(これもいつの間にか1080円になっているじゃないかッ!)収録の「Soul Boy」。実はコレ2004年の作品で、発表はMelanie Cのヴァージョンの方が先だったようだ。こういうのは厳密にはカバーとは云わないのかな? 歌詞も、上辺だけの付き合いじゃない魂で付き合える男になってほしいのよなんつって完全に女の子視点になっている。ん? これThe Blue Nileのヴァージョンでは「魂で付き合える男になるぜ」みたいな男の子視点だったはずと思って調べたらやっぱり歌詞が微妙に変えられていた。なるほど。全楽器とプロデュースをGary Clarkという人(元Danny Wilson)が担当しているのだけど、なかなかThe Blue Nileを理解している人物らしく穏やかで端正な打ち込みベースの演奏になっている。そこに乗るMel Cの歌声がまたエモーショナルでイイのだよ。この『Reason』というアルバム、演奏そのものは全体にシンプルでおとなし目なんだけど、それ故に歌声の良さがしっかり聴き手に届くんだよなぁ。ellyさんのアレもこういう感じだったら……。

|

« BrufordのDVDの訂正とバックレたAnnette Peacock | トップページ | 本日はRushを聴いておった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/12262396

この記事へのトラックバック一覧です: Melanie CによるThe Blue Nileのカバーを:

« BrufordのDVDの訂正とバックレたAnnette Peacock | トップページ | 本日はRushを聴いておった »