« 珍説・King CrimsonにCurt Smith加入? | トップページ | Yahoo!家電ナビに長谷部優さん登場 »

2007/05/19

Tears For FearsとPhil Collins

Tears For Fearsとプログレ人脈の話で忘れちゃならん人を忘れていたよ。Phil Collins。ミスターGenesisじゃねえか。どうもMike RutherfordとかSteve Hackettとかの方が名前聞いてパッと「あ、Genesis」と思うのに、Phil Collinsだと「あ、フィル……ああ、もちろんGenesisのね」みたいな感覚なんだなぁ。彼は『The Seeds of Love』の冒頭を飾るバラード「Woman in Chains」でドラムを叩いている。ちなみに『Everybody Loves A Happy Ending』発表後のツアーに帯同したNick D'VirgilioはSpock's Beardのドラマー兼ボーカルを務めているが、Phil脱退後にGenesisが発表した『Calling All Stations』でもドラムを叩いていたのだった。これも忘れちゃいかんなぁ。

Testify

最近になって『Testify』(CCCD盤も出回っているので要注意)を初めて聴いてみた。2002年の作品だが未だ彼の最新作。すっかりその存在を忘れていたのだった。で、これがかなりイイ。ほとんど自分ひとりで作っちゃったというだけあってシンプルな演奏が並んでいるのだけど、やっぱりキャッチーでメロディアスな楽曲そのものの魅力がスゴイわ。ドラマーでもある人物がドラム・マシンを多用して作品を作るとこうなるのかぁ的な楽しみ方ができる曲もある。やっぱり白眉なのは初期TFFファンにもアピールしそうな1曲目とか表題曲だろうか。『Both Sides』以降のソロ・アルバムでは一番好きだな。でもまぁ「Woman in Chains」でも披露されたあの派手で楽しいドラムさばきもまた楽しませてほしいもんだ。再結成Genesisライブの隠し撮り映像がYouTubeに出回り始めているけど、やっぱりチェスターとのドラム・バトルとか観ると燃えるなァ。聴いてると身体がムズムズしてくるよホント。

|

« 珍説・King CrimsonにCurt Smith加入? | トップページ | Yahoo!家電ナビに長谷部優さん登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/15121465

この記事へのトラックバック一覧です: Tears For FearsとPhil Collins:

« 珍説・King CrimsonにCurt Smith加入? | トップページ | Yahoo!家電ナビに長谷部優さん登場 »