« 新譜が出るのでここ数年のRobert Wyattおさらい | トップページ | 嗚呼、予感的中 AAA後藤友香里が脱退かよ »

2007/06/11

ぬか喜び!? 『Night of the Proms 2006』が発売されているようだが……

Night of the Proms 2006

Tears For Fearsも参加した、オーケストラをバックにロック&ポップスのミュージシャンが共演したライブ『Night of the Proms 2006』のハイライトを収めたCDが発売になると予告されていたよね。これもう出ているようなのだが、どうも収録アーティストに変更があった模様でな。前にうちで書いたエントリーと比べるとガッカリするぞー。左のジャケット写真で完全にオチがバレバレなわけだが、変更後の収録曲は以下の通り。

『Night of the Proms 2006』
1.Overture Notp 2006 - German Version - Il Novecento
2.Largo Al Factotum - Tony Henry
3.Proud Mary - Ike Turner & Lyrica Garrett
4.Prelude from "Carmen" - Il Novecento
5.Born to Run - John Miles
6.Pictures at an Exhibition - Il Novecento
7.Nella Fantasia - Tony Henry
8.Maid of Orleans - OMD
9.Sailing on the Seven Seas - OMD
10.Raiders March - Il Novecento
11.Nutbush City Limits - Ike Turner & Lyrica Garrett
12.Djobi Djoba / Bamboleo (Medley) - Chico & The Gypsies
13.Miserere - Tony Henry & John Miles
14.J. Strauss Waltz Medley - Il Novecento
15.Ommadawn - Mike Oldfield
16.Shadow on the Wall - Mike Oldfield & John Miles
17.Tubular Bells - Mike Oldfield

はいTFF消えた~。代わりにMike Oldfieldが入ったりしているのでカンタベリー・ファンとしては喜ばしいのだがなぁ。OMDというのも興味深くはあるし。うーむ。過去数年のダイジェストDVDも発売になるようで、どう見てもこのライブは音も映像も毎回、確実にオフィシャルで録ってあるに違いないので、いずれ何かの間違いでTFFの音源が発売される日が来ることを祈ろうじゃないか。
ちなみにこのCD、Amazon.comAmazon.de(ドイツ語)などで取り扱っている。


ダイジェストDVDの宣伝映像。80年代の洋楽好きならば涙ちょちょ切れもの。
Roger Hodgson、Simple Minds、Bryan Ferry、Howard Jones、TOTO、etc.……。

追加:公式なものじゃないのでリンクしようか迷ったのだが、オランダで放送されたらしいTV番組を曲ごとに分割してYouTubeにアップしている人がいたので、アップされている間はこれ観て溜飲を下げようじゃないか。→コチラ

|

« 新譜が出るのでここ数年のRobert Wyattおさらい | トップページ | 嗚呼、予感的中 AAA後藤友香里が脱退かよ »

コメント

何ででしょうね~?TFFは明らかにメインだったと思うんだけど・・・・。

実は・・・。私、今年フランスへ見に行ったんです・・・・。
黙っていようか迷ったけど・・・。

投稿: Poline | 2007/06/11 22:00

おおー、現地まで行きましたか。素晴らしい。そして羨ましい。
YouTubeで出回っているテレビ放送されたらしい「Antwerp, Belgium 2006」という映像とか、2006年11月24日の「Mad World ~ EWTRTW(途中まで)」の隠し撮り映像を観ると、「Mad World」は少年少女合唱団(?)が歌ったりしてまずまず面白い出来、「EWTRTW」はほとんどバンドで演奏してるのと変わらん感じ(むしろオケが邪魔なくらい)ですね。Lyrica Garrettがオリータ役を務めた「Woman in Chains」が素敵だったけど、もっとオケが前に出るミックスにしてくれればいいのにと思ったり。一番面白いのは「Shout」かなぁ。
何つってもライブは生ですよねぇ生。たぶん生だったらオケの迫力がうまいこと働いていたんじゃないかと思いますよ。やっぱり羨ましい。

TFFオミットの理由はよくわからんです。いったんは発表していたわけですから、レーベルの問題はクリアしていたはずですし。実はNight of the Proms公式ページ(オランダ語)では何ら訂正されておらず、相変わらずTFF入り盤のデータが前のまんま載っていたりします。

投稿: SHIRO | 2007/06/11 22:34

さっそくのレス、ありがとうございます。
「Mad World」の合唱団はFine Fleurという名前でした。少年、少女かどうかはなぞですが・・・・。

オーケストラ効果としては、「Mad World」が一番良かったですね。とにかく、初TFFライブだったので、圧倒されました。それと、人々がこのイベントを楽しんでいるのが、印象的でした。ヨハンシュトラウスで観客がワルツを踊ったり・・・。日本じゃ、こういうわけには行かないだろうな。

投稿: Poline | 2007/06/11 23:10

おお、レス早ッ。
いまYouTube観ながらNight of the Promsでの演奏をチェックしつつ書いている次第。
2007年の演奏も隠し撮りがアップされていますねぇ。「Woman In Chains」はLara Fabianがオリータ役だったんですね。こっちの方が好きだなぁ。最後、TFFの二人とキスしてるよ……。総じて2007年の演奏の方が回数こなしているせいか良いみたいですね。いやー羨ましい(こればっか)。

外国の方はライブをイベントとして自分なりに楽しんじゃおうという空気が漂っていますよね。The Blue Nileのライブ音源聴いて驚いた話をつい先日にも書いたんですが、そういうのもありだよなぁと思います。友人いわく、「大事な音楽が聴こえなくなるような聴き方は許せん!」だそうですが。

投稿: SHIRO | 2007/06/11 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/15398040

この記事へのトラックバック一覧です: ぬか喜び!? 『Night of the Proms 2006』が発売されているようだが……:

» youtube(ユーチューブ)音楽動画70年代ロック [youtube(ユーチューブ)音楽動画70年代ロック ]
youtubeの70年代ロック動画を紹介します [続きを読む]

受信: 2007/07/05 01:27

« 新譜が出るのでここ数年のRobert Wyattおさらい | トップページ | 嗚呼、予感的中 AAA後藤友香里が脱退かよ »