« The Verve 「The Thaw Sessions」 Free Downroad | トップページ | Dave Stewart 「Alchemists Of Sound opening titles music」 »

2007/10/27

最近の無料でダウンロードできるUKミュージック

いろいろなバンドが自身のサイトから新音源を発信している状況なわけなのだけど、中でも話題になっているものをいくつか聴いてみたので紹介と感想をば。

The Charlatans 「You Cross My Path」
ラジオ局XFMがスポンサードする形で、来年からアルバムもぜーんぶ無料ダウンロードにすると豪語しているシャーラタンズの先行シングル。何の入力もせずに無料ダウンロード可能。Bill Brufordのような乾いたドラムでスタートする跳ねるような楽曲。ま、ブリティッシュ・ロックというよりはブリット・ポップという表現がピタッと来る展開になっちゃうんだが、なかなか悪くないぞこれは。

Radiohead 『In Rainbows』
巷ではもう話題沸騰中なので解説するまでもない気もするが、芝居で云うと「観劇料はカンパ」状態のレディへ新作。値段の入力を0ポンドにしちゃえば無料ダウンロード可能。平均価格は4ポンドくらいという発表があったので、良心がとがめる気がしたら、その辺を参考に。もちろん試聴感覚で無料ダウンロードして気に入ったらCDで出たときに買うという発想もありだろう。で、これまた内容がイイ。音楽性を変化させながらメインストリートを闊歩してきた彼らの今までのアルバムから良いところ取りしたような粒揃いの楽曲が並ぶ。オイラは『OK Computer』というか「Paranoid Android」って曲に衝撃を受けて聴き始めた口なので、あの頃の音を思わせる楽曲&演奏に体が反応してしまったよ。

Princeの新聞社タイアップのCD無料バラ撒きでコンサート収入ガッポリ大作戦や、Madonnaの140億円でレコード会社じゃなくプロモーション会社に移籍しちゃうもんね事件みたいなことが、もっともっと増えていくにちがいない。良い傾向だよ。その方が儲かるんだし。うまくやれば。アーティストが自分でリスクを背負う怖さも裏側に透けて見えはするんだけど、ビッグ・ネームになっちゃえばその心配も少なかろうて。ただ流通の部分をインターネットでクリアできちゃう今の時代に、古い体制のままで中間搾取されちゃ、やってられないよねという気持ちはミュージシャン誰もが等しく抱く気持ちだろ。怖がらずにドシドシやったらいい。で、それはそれとして忘れられがちなのは純粋な音楽そのものの方で。無料で聴ければ、リスナーとして無駄金を使うリスクを回避することにつながるわけでさ。これありがたい。大枚はたいてガッカリな作品だったときのへこむことといったらそれはそれは。だからレートを落としてどんどん無料公開したらいいじゃないか。より多くの人に自分たちの音楽を聴いてもらって、そこから得られる評価って貴重なものだと思うよ。だからまぁ、音質は試聴に耐えられるギリギリまでわざと悪くしていいから、ドシドシやったらいいじゃないか。そうすれば本当にちゃんと聴きたい人は直販でもCD買うしな。ま、音源だけだとジャケットに相当するものが存在しないってのが淋しいっちゃ淋しいよね。せめてジャケ写orジャケ絵は欲しい。
映像の世界も同じだよな。著作権侵害してニコチューに勝手なアップロードをする素人衆に文句云う前に、自分らでプロモーションとしてどんどんアップしちまえばいいじゃないか。それで気に入りゃDVD買うさ。

|

« The Verve 「The Thaw Sessions」 Free Downroad | トップページ | Dave Stewart 「Alchemists Of Sound opening titles music」 »

コメント

師匠、ご無沙汰しております。こちらのエントリの件、今までアーティストとファンの間に入っていた人々の中で、付加価値を提供するのではなく単なるピンはね業になっていた人々がどんどんと淘汰されて行くのでしょうね。それって人が食って行くための原理原則にも適っていて、とっても良いことだなと思ったりしました。

投稿: swjpbo | 2007/10/28 02:47

で、日本もどんどんそういう方向になっていくといいんじゃないかなぁ。レコード会社が強かったり、マスコミとか裏社会とか宗教とかの兼ね合いもあって、なかなか新しい動きを世間に伝えていくのは難しいんだろうけど。ピンはね業界も必死ですからねぇ。
矢井田さんもインディーズに行ったら一般露出が減ったなぁ。CMソングが流れているだけマシなのかもしれないですけど。

あ、あとこのコメント欄までチェックする奇特な彩音ファンはSWJPBOさんちまで遊びに行ってみてください。
隅から隅まで読むとPorcupine Treeのサポート・ギタリストのJohn Wesleyが無料ダウンロード音源をガッツリ紹介しているネタとか出てきますから。ね?
http://steven-wilson-jpbo.seesaa.net/

投稿: SHIRO | 2007/10/28 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/16890781

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の無料でダウンロードできるUKミュージック:

« The Verve 「The Thaw Sessions」 Free Downroad | トップページ | Dave Stewart 「Alchemists Of Sound opening titles music」 »