« NDV sings Early Genesis | トップページ | Clear FrameのCDが近いうちに出る »

2007/11/28

『Live Over Europe 2007』から香る新しいGenesis

Live Over Europe 2007

本日は、Genesisのライブ盤『Live Over Europe 2007』をリピートしながら仕事しておった。これGenesisが好きで過去作をずーっと聴いてきた人間からするとたいへん不思議な感覚のある作品だ。何か違和感がある。音が薄い? そうでもないか。演奏スピードが遅い? でも各曲の演奏分数は決して長くなっていない。何だろう? で、だんだんわかってきた。ノリが違うんだ。ノリが悪いわけじゃないのに今までと違う。演奏に荒っぽさがない。ドラム・デュオのパートさえも。何か全体にやたらていねいなんだ。そして、歌い方に荒っぽさがない。必要以上に客を煽っていたあのPhil Collinsはどこに行ってしまったんだろうか。だが、それ故になのか歌声から歌詞世界の広がりみたいなものを感じるような気がしてきたんだ。
たぶん、Genesisはもう後戻りできない。この音楽を聴けばPeter Gabrielも戻る気がしないんじゃないかと。そして、その先に3人でずっと活動してニューアルバムを作ってくれて、それがどんなものになるのかオイラは物凄く気になるんだ。

|

« NDV sings Early Genesis | トップページ | Clear FrameのCDが近いうちに出る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/17218847

この記事へのトラックバック一覧です: 『Live Over Europe 2007』から香る新しいGenesis:

« NDV sings Early Genesis | トップページ | Clear FrameのCDが近いうちに出る »