« Tone Dogs - シアトルを巡る音楽旅行の始まりに | トップページ | あけましてラバーズ・ハイ »

2007/12/31

ゴールデンアイドルポップス大賞2007 マイベスト

今年ももう数時間。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 年末はもっとヒマなはずだったんだ。そんなわけでシアトルのやつは来年もダラダラやるよ。

パーリス大先生が集計を放棄したので「ゴールデンアイドルポップス大賞2007 マイベスト」を勝手にやる。たぶんみんな勝手にやって誰かが集計するのを待っているんだ。みんな誰かが。

■ゴールデンアイドルポップス大賞2007 マイベスト
01.Dreaming Way/dream
02.スターライト/新垣結衣
03.heavenly days/新垣結衣
04.ポリリズム/Perfume
05.はなをぷーん/きら☆ぴか

ははは、5曲しかなかった。何かいろいろ聴いていたはずなんだけどな。

01.Dreaming Way/dream (『7th Anniversary Best』収録)
2007年はこの1曲で365日もっちゃった感じ。それぐらい他にピンと来るものがなかったし、聴き継げる強度のある楽曲と感じられるものがなかった。これも終わる曲想じゃないかと毎度の思いを抱いていたら本当に終わっちゃったdreamのラスト・ソング。作詞に松室麻衣が参戦して、大仰さと甘酸っぱさ満点。大正解。もう彼女を専属にすればいいじゃないかと。それができないのかと激しく問いたい。
進化すると思ったらアレレな方向に向かっちゃったDRMのミニアルバムはちと残念だったわけだが、配信からスタートする2008年の新作に期待……したい。

02.スターライト/新垣結衣 (『そら』収録)
以前書いたギリギリのテンションの中で、新垣さんが都会の夜景見つめながら想像を豊かにしている姿が思い浮かぶんだよ。

03.heavenly days/新垣結衣 (『そら』収録)
手元のCDをあらためて見ると、ここまで来ちゃったんだなぁという感慨とともに、それでも正味なところ今のガッキー・ブームはやっぱりちょっと行き過ぎなんだろうなという思いが。「heavenly days」は聴きすぎた。良い悪いを超えたところでのランクインと思っていただいて結構。

04.ポリリズム/Perfume (CDS「ポリリズム」収録)
これもまぁよく聴いた。振り返るとむしろ感覚が麻痺しているんじゃないかとさえ。しかし、アイドルに場の共有とかを求める最近のアイドルおたくさんとは違った、アイドルはブラウン管の向こうにいればいいやという感覚で楽しんでいるように自己分析しているんだけどさ。

05.はなをぷーん/きら☆ぴか (『きらりん☆ランド』収録)
1回もう書いてるんで割愛。ま、うちの娘3歳といまだに歌っているんでな。うちの娘3歳のヤツめオイラを差し置いてC-uteの歌とか先に覚えつつありやがるの。ムカつく。萩原さんはハロプロの救世主になるんじゃないかと。

それにつけても頓挫したままの山本サヤカのフルアルバムはもう出ないのか?
2008年も素敵なアイドル・ミュージックに出会えるといいなぁ。

|

« Tone Dogs - シアトルを巡る音楽旅行の始まりに | トップページ | あけましてラバーズ・ハイ »

コメント

 ・dream → DRM
 avexがどうしたいのかわかんなくなっちゃったまんま、
気がついたらAAAの方が売れちゃった感じ。
 (AAAもメンバー一人辞めた後から失速してる気もするが。)

 ・新垣結衣
 買ったまま、まだ聴いてないです。
 参加してる作家陣が、何気に豪華ですね。

 ・Perfume
 生で見ます。
 MC以外全部、LipSyncだそうですが、たぶんそんな事は
気にならない・・・はず。

 ・きら☆ぴか
 娘。本体よりも、実質上売れている(はず)。
 今年出した、本体の曲よりも知名度がある(はず)。
 っつうか今、娘。が何人いるのか、わからん人の方が
多い(はず)。
 (確か、藤本がクビになった時点で6~7人くらいだったかな?)

 きら☆ぴかを、ハロプロのメインにした方がいいんじゃなかろうか?

投稿: alessandro | 2007/12/31 09:22

何という全レス!と思えばalessandroさんじゃないですか。とりあえずAAAは電王主題歌以外まったく売れてないんじゃないかと。やはり後藤を守り抜かなかったのがすべてですよ、ええ。まったくおっしゃる通りだと思います。ま、dreamとかDRMはさらにさっぱり売れていない気がしますが……。
ガッキーは旬のものかもしれないので早めに聴いた方がよいです。作品の強度がどれくらいあるのかを一生聴き続けて調べるつもりですけどね。
Perfumeはオイラも生で観たいなぁ。
きら☆ぴかはでもハロプロっぽくないから成立しているんじゃないかとも思うのですよ。そこら辺、たいへん微妙な関係なのではないかと。いや実はゴールデンアイドルポップス大賞って元々はハロプロ以外のアイドル・ミュージックで世に出ていない名作をわかる人たちだけで評価したらええやん的なところからスタートした企画だったと記憶しているので、きら☆ぴか挙げるのはちょっと反則っぽいところもあるっちゃあるのですが、そんなわけでね、入れちゃってるんですよ自分の中では。

うちの娘3歳ってば紅白で「C-uteが出てるよ」と教えてもあんまり反応しなかったのに、その後「会いたかった~会いたかった~」連呼してましたから、子どもには優れた歌詞とか楽曲よりも、覚えやすいサビ連呼の方がウケがいいってことなのかなぁと思いましたよ。阿久悠も草葉の陰でガッカリしてるんじゃないかと。

投稿: SHIRO | 2008/01/01 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/17529358

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンアイドルポップス大賞2007 マイベスト:

« Tone Dogs - シアトルを巡る音楽旅行の始まりに | トップページ | あけましてラバーズ・ハイ »