« あけましてラバーズ・ハイ | トップページ | 映画『ロスト・イン・トランスレーション』とMBV »

2008/01/08

Phil Manzanera 『Rare One』のデータを調べたよ

Rare One

Phil Manzaneraのアーカイヴ音源集『Rare One』を今更ながら買ってきたので聴いているのだが、ちっともラインナップ・データがわからなかったので調べまくってみた。ライナーにも公式サイトにもメンバーが誰か出ていないし、ちっともまとめてくれる人が居なかったらしい。これ8年前に出たのに。ヤレヤレ。そんなわけで調べた結果を簡単コメント付きで発表するけど、いろいろ間違ってる可能性あるので、詳しい方ぜひツッコミ入れてくれい。

■『Rare One』 line-up Data
1 「RFD」 Quiet Sun

Phil Manzanera (gr)、Charles Hayward (ds)、Bill MacCormick (b)、Dave Jarrett (key)
1975年の『Mainstream』アウトテイク。Expression公式では「RFD Part 2」という表記になっているがCDライナー等は単に「RFD」になっている。謎。

2 「Years of The Quiet Sun」 Quiet Sun
Phil Manzanera (gr)、Charles Hayward (ds)、Bill MacCormick (b)、Dave Jarrett (key)、Dave Monaghan (sax)
1971年のオリジナル・デモ音源。曲名はバンド名の由来となった文学作品と同じ。命名者である、Ian MacCormickが作曲者クレジットになっている。サックス奏者のデイヴ・モナガンのソースはココ。この人をWebで探すの苦労したよ。

3 「Corazon Y Alma」 Quiet Sun
Phil Manzanera (gr)、Charles Hayward (ds)、Bill MacCormick (b)、Dave Jarrett (key)
1971年のワーナー向けデモ音源。後に『Diamond Head』に収録された「Frontera」「Alma」「East of Echo」という3曲の元ネタだってさ。ボーカルは誰だかわかんにゃい。でもどうやらBill MacCormickらしいね。

4 「Law and Order」 Manzanera / 801
5 「Remote Control」 Manzanera / 801
6 「That Falling Feeling」 Manzanera / 801

Phil Manzanera (gr)、Paul Thompson (ds)、Bill MacCormick (b)、David Skinner (key)、Simon Ainley (vo,gr)
1977年11月22日のBBCにおけるラジオ・セッション音源。当日はRoxy Musicの「Out Of The Blue」も演奏したようだがおそらく版権の問題で未収録。ソースはココ

7 「Down」 Manzanera / 801
Phil Manzanera (gr)、Paul Thompson (ds)、Bill MacCormick (b)、David Skinner (key)、Simon Ainley (vo,gr)
1978年録音のデモ音源。だがデモから作品に昇華されることはなかったと。で、Bill MacCormickとSimon Ainleyはこの後、David Rhodesらと合流してRandom Holdを結成ってな流れ。

8 「Brokenhearted」 Manzanera / Diamond
Phil Manzanera (gr)、Jim Diamond (vo)、Simon Phillips (ds)、Tony Hymas (key)
飛んで1986年のデモ音源。この2人の連名作品は初出の模様。Jim Diamondはスコティッシュ・シンガー。ちなみにExpression公式の曲名表記は「Broken Hearted」。さらにちなみに以前書いたエントリで採り上げた「Sailing」に2人とも参加して居やがった。

9 「The Beat Goes On」 Manzanera / Saatchi
Phil Manzanera (gr)、Phil Saatchi (vo)、etc.
1991年にイタリアで出たシングル。とはいえ元はSanremo Festival(1991年2月27日~3月2日に開催。ソース)におけるライブでテレビ放送された音源ということで、どうやら次の曲と同じ時の録音みたい。多くのサイトではPhil Manzanera単独名義になっており、タイトルは一様に「And The Beat Goes On」となっていた。
ボーカルはSaatchi兄弟ってもよくわかんなかった。このフェスティバルでManzaneraはキューバン・グループのGrupo Moncadaと出会ったとか。

10 「Tre Amore」 Phil Manzanera
Phil Manzanera (gr)
1991年、Sanremo Festivalでのライブ音源。Expression公式には「instrumental recorded for project organised by Italian band 'PFM'」って書いてあったので、へー、あのPFMかぁってそんな感想。メンバーわかんなかったけど、バックの音は機材にお任せでソロ演奏かも。「Tommaso Albinoni / Adagio G-moll」ってつまるところ「アルビノーニのアダージョ」を下敷きにしているというあり。

11 「RFD」 Quiet Sun
Phil Manzanera (gr)、Charles Hayward (ds)、Bill MacCormick (b)、Dave Jarrett (key)
1971年のワーナー向けデモ音源(3曲目と同時期)だ。

以上。感想は「疲れた」。内容はイイ! やっぱQuiet Sunは素敵だなぁ。

|

« あけましてラバーズ・ハイ | トップページ | 映画『ロスト・イン・トランスレーション』とMBV »

コメント

昨日中古で本当に今更、このCDを入手しました。データがはっきりしないので、もやもやしていたところ、このページを見つけました。調べてくださってどうもありがとうございます。参考になりました。

投稿: yeszanmai | 2013/07/20 15:32

yeszanmaiさん

むしろどうもです。そういう言葉をいただけると、やっぱり個人の情報サイトもまだ役割があったりするのかなーなんて思えたりします。

ちなみに本作収録のQuiet Sun楽曲は一昨年出た再発『Mainstream』にもボーナストラックとして収録されました。そういえばまだ買ってないや……。

投稿: SHIRO | 2013/07/21 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/17626263

この記事へのトラックバック一覧です: Phil Manzanera 『Rare One』のデータを調べたよ:

« あけましてラバーズ・ハイ | トップページ | 映画『ロスト・イン・トランスレーション』とMBV »