« 映画『ロスト・イン・トランスレーション』とMBV | トップページ | Monty PythonとMonkeesとJohn Stewart亡くなる »

2008/01/15

Rocket Scientistsの楽曲が宝塚歌劇団で使われていたらしい

日本人でメリケン・プログレ好きな貴兄に送る、何で日本人が後から知ることになるんだネタ。何てストライク・ゾーンの狭さなんだ……。

ここ日本でRocket Scientistsといえば、Lana Laneでの活躍で有名になっちまったErik Norlanderの別プロジェクトとして知る人ぞ知るといった認知度だったはずなのだが、何故かその楽曲が宝塚歌劇団で使われていたらしい。ソースはProgressiveWorld.net。以下、拙訳の超訳(こればっか)。

賞賛を受けている女性だけで構成される日本の劇団「宝塚歌劇団」は、2007年9月21日から10月29日まで東京で上演されたミュージカル・ピカレスク 「アデュー・マルセイユ」&グランド・レビュー 「ラブ・シンフォニー」にて、Rocket Scientistsの楽曲「Revolution Road」を使用しました。 「Revolution Road」はジョン・コルトレーン、ヘンリー・マンシーニ、ジョニー・マーサー、およびコール・ポーターによる作品と並んで上演作に使用されました。 2007年12月20日に上演作のライブCDはリリースされました。
「Revolution Road」ソング・ライター:エリク・ノーランダーのコメント「私の音楽が気前のよいオーケストラのアレンジでこのような形で演奏されるのを聴くことは本当にスリリングでした。 有名なジョン・バリーによるジェームズ・ボンドのスコアを私に思い出させた劇的なホーン・パートを特に楽しみました。 さらに、伝説のジャズ作曲家と並んで上演作に含まれたことは、私にとってたいへんな名誉です」。
「Revolution Road」は、アメリカのプログレッシブロックの伝説的なバンドであるRocket Scientistsによって、同じタイトルの壮大な2CDアルバムにおいて、2006年11月7日にリリースされました。冒険的な器械の花火での旋律的で忘れがたい作詞作曲の驚異的な混合、『Revolution Road』はバンドの芸術的な業績を新しい高みへと持っていきました。CDでは、特別ゲストの参加者と共に、オリジナル・メンバーのマーク・マックライト(ギター、ボーカル)、エリク・ノーランダー(キーボード)とドン・シッフ(NS/Stick)をフィーチャーしています。
Think Tank Mediaが、『Rocket Scientists - Looking Backward』のタイトルで5枚組ディスクを収録したマルチ・メディアのボックス・セットをリリースしたばかりです。それは、新しいスタジオ録音の4枚目のディスクと、スタジオ・パフォーマンスや広範囲なインタビューとヒストリーを収録したのDVDに加えて、バンドの最初の3枚のスタジオ・アルバムを復刻したものです。

ラブ・シンフォニー

「ラブ・シンフォニー」の方がCDで出ている(日付は12月5日になっているが)ようだし、内容的にもこっちで上演されたっぽい。が、もちろんこんなマニアックなCDは入手していないので詳細不明。収録を割愛された楽曲もあるようだけど、インタビュー内容からして、エリクさんは宝塚アレンジ版を聴いているみたいだから、このCDで耳にした可能性は高いかな。持っているヅカ・ファンの方はよろしかったら情報くだされ。何ゆえRocket Scientistsの曲を採用したのかはこれまた不明だが、面白い話題なんだから宝塚ももっと広く情報発信したらいいのに。ま、「じゃ観に行こうか!」と思うのは日本中でオイラぐらいかもしれないけどな。
その後、調べたら公演専用のBBSがあった。眩暈がするほど濃い。収録割愛問題への不満の声(ま、CDというよりCSでの放送番組やこれから出るらしいDVDに対してのものだが)はけっこうあったけど、「Revolution Road」に関する情報はガーッと読んだ限りなかった。あ、花組には彩音さんって方がいらっしゃるのね。偶然ってあるのね。
Rocket Scientistsは一回レビュー書きかけて時間がなくなりやめたことがあったのだった。要望があったら次回はそれをやる。

|

« 映画『ロスト・イン・トランスレーション』とMBV | トップページ | Monty PythonとMonkeesとJohn Stewart亡くなる »

コメント

初めまして。当方宝塚ファンで、「Revolution Road」を検索していてこちらに辿り着きました。
この公演のCD・DVD共に持っていて、「Revolution Road」の使用された場面はCD・DVD共にカット無しで収録されております。まさかこのように海外で記事にされていたとは知らず…少し驚いております。
「Revolution Road」はショー「ラブ・シンフォニー」の『花の愛』という場面で使用されています。宝塚らしい華やかな場面で、曲が場面をドラマチックに演出していて、大好きな場面&曲です。

余談ですが、某ニ○ニ○動画の方にチラッとUPされております。
「ラブ・シンフォニー2」で検索すると出てくる動画の、3:50辺りから始まるピンクの場面がそうです(コチラは先月名古屋で再演されたバージョンのものですが…←すみません、マニアックですね^^;)数秒ですが、もし興味がございましたらご覧になってみて下さいませ。

それでは、長々と失礼いたしました。

投稿: すいか | 2008/03/11 03:01

すいかさま
たいへん貴重な情報をどうもありがとうございます! こういう痒いところに手が届いた瞬間って気持ちいいもんですなぁ。ニコニコもやっと会員以外が観られる状況になったようなので、気になる人はみんなチェックチェック!

サボっていたらこんなウルトラCなコメントをいただいてしまったので、そろそろ復活しますかね。
Yesも復活するらしいですし。

投稿: SHIRO | 2008/03/13 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/17704495

この記事へのトラックバック一覧です: Rocket Scientistsの楽曲が宝塚歌劇団で使われていたらしい:

« 映画『ロスト・イン・トランスレーション』とMBV | トップページ | Monty PythonとMonkeesとJohn Stewart亡くなる »