« プログレな景色ってあるよね | トップページ | 繰り返される毎日と繰り返される音楽 »

2008/05/12

NINの新譜を聴いて思い出したのは

Cover

ご多聞に漏れずNINの新譜が無料だってんで勇んで聴いているわけなんだけど、「あ、お塩先生のアルバムに似てる!」と思ったのは日本広しといえどオイラくらいではなかろうかと。「お塩先生の作品までチェックしてるんかい!?」というツッコミには「だってこれも無料だったから」としか答えようがない。模倣を個性に変える瞬間っていったいどこなんだろうと考えながら聴くと感慨深いかもしれないので、きょ、興味のある向きは聴いてみるといいと思うんだ。「聴けば分かる」ってのは本当だよ。

NIN The Slip Free Download Site
押尾学アルバムフル試聴ルーム

スタンスという点ではNINも押尾君も同じなんだ。並列なんだ。だからとりあえず食わず嫌いせずにフラットな気持ちで聴いてみるってことは大事だよ。安定してカッコイイNINと、不安定だけど面白い押尾学。どっちも悪くないじゃないか。
あとは好みの世界じゃないか?

|

« プログレな景色ってあるよね | トップページ | 繰り返される毎日と繰り返される音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/41186889

この記事へのトラックバック一覧です: NINの新譜を聴いて思い出したのは:

« プログレな景色ってあるよね | トップページ | 繰り返される毎日と繰り返される音楽 »