« 爆安CD情報 『Original Album Classics』 今度はロック! | トップページ | NINの新譜を聴いて思い出したのは »

2008/05/08

プログレな景色ってあるよね

電車に乗っていたら素敵な車内広告に見惚れてしまった。こんなの。

昇仙峡だそうで

それ何てロジャー・ディーン?
山梨県にある昇仙峡というところの景色だそうな。詳しい解説はコチラ。これはスゴイ。行ってみたい。一応、わからない人向けに解説すると、ロジャー・ディーン(Roger Dean)というのはプログレ・バンドを中心に幽玄なジャケット・アートを提供してきたイラストレーターである。特にYesAsia等のジャケットを数多く担当してきたことで知られている。
せっかくなので見開きジャケット風にしてみた。

ちょっとそれっぽいかな?

さらにせっかくなのでYesのロゴを入れてみた。

新作ジャケ……?

どうですか編集長?

ちなみにYesは年内に結成40周年ツアーをやることになっているが、どこぞのインタビューに答えたJon Andersonが組曲風の新譜を作りたいと発言しておった(ソースは忘れた)。過去の遺産でツアーすることもできるのに、ちゃんと新譜を考えているところが素晴らしいじゃないか。

|

« 爆安CD情報 『Original Album Classics』 今度はロック! | トップページ | NINの新譜を聴いて思い出したのは »

コメント

行こう、しろやん。昇仙峡。行くしかないっしょ。

投稿: いなやん | 2008/05/09 09:46

行くか昇仙峡! 資金計画を立てねばならぬが。

投稿: SHIRO | 2008/05/12 23:00

多分今後コメントをする事はないだろうから名前は控えたい。
それにしても凄い。ロゴが入ったら本当にYesのアルバムのようになってる。

で、Jon Andersonのインタビューですが、ソースはBillboardでしたね。
DPRPのニュースで見てかなり驚きました。
それだけ言いたかったのです。

投稿: 通りすがりなのです。 | 2008/05/14 16:00

通りすがりさん、コメントどうもです。
書き出しからして批判か?と一瞬ヒヤリとしちゃいましたよ。

いや、マジで電車の中で口アングリでした。見事なまでにロジャー・ディーンな景色だったので直接的な音楽ネタではないのだけど書いちゃいましたよ。近年、彼の作風が和風テイストなのも手伝ってか、まんま絵がリアルに実在したみたいな感じですよね。明らかに普通と逆。よくぞこんな場所が存在していたもんだなぁ。自然って本当にスゴイもんです。

Jonのソースありがとうございます。オイラは孫引きしたプログレ系掲示板(英語)で目にしたのだと思います。Jonはけっこう組曲好きですよね。この話を聞いてすぐABWHを思い浮かべましたよ。

投稿: SHIRO | 2008/05/14 18:51

言われてみると確かに批判的、というか攻撃的に見える書き出しでした。
自分は一読者であって交流する気はないので最初に付け足したのですが、書き方がちょっと考え無しでしたね。
申し訳ない。

あ、確かに思い出しますね。ABWH。
とはいえ当時は自分、未就学児でしたが。後追いの知識です。

投稿: うぁっ……(通りすがり | 2008/05/16 00:44

あ、いやいや、一瞬の話ですから。
文章によるコミュニケーションって難しいっすよね。実は彩音では本文では「ですます」使わず、コメントでは「ですます」使用というスタイルだったりするんですね。ムダなこだわりなんですが。おかげで「あんた本文と同一人物か?」と云われたり云われなかったり……。でも打たれてからいろいろ響くタイプの人間なので、批判でも何でもコメントもらえるとたいへん楽しいのです。ぶっちゃけ、彩音はコメント欄の方が楽しい! 一番の彩音ファンのオイラが云うのだから間違いないッ。そんなわけで、淋しいこと云わずに何度でも通りすがってくださいな。というね。

それにつけてもABWHも遠くなりにけりだなぁ……。

投稿: SHIRO | 2008/05/16 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/41136930

この記事へのトラックバック一覧です: プログレな景色ってあるよね:

« 爆安CD情報 『Original Album Classics』 今度はロック! | トップページ | NINの新譜を聴いて思い出したのは »