« 今のKajagoogooはさしずめ次郎冠者か | トップページ | it bitesの新譜『The Tall Ships』が »

2008/06/14

今年中に新譜が出るはずのふたつの「オト」バンドに注目

そろそろ解禁してもよさそうな雰囲気なので紹介しておく。「オト」のつくふたつのバンドが今年中に新譜を出すはずなんだ。ふたつのバンドに接点はたぶんない。強いて云えばオイラが知っているというだけのことだっす。「オト」つながりは偶然。で、これが個人的にどちらも期待値シャイニングなもんで、より多くの方に伝えたい広めたい。

カムノオト

カムノオト たぶん友人である元efcaのベーシスト・濱松君の新バンド。星野和歌子という女性ボーカリストを核に「Oriental Grunge」と銘打った音楽を展開するのだそうな。My Spaceにアップされている楽曲「夜に向かう部屋 朝に向かう部屋」を聴く限り、あんまりオリエンタルでもないし全然グランジではないのだけど、ぐわーっと広がりのあるトラックに伸び伸びした広がりある歌声が乗っかってたいへん気持ちがいい。曲のせいか鬼束ちひろの亜流という第一印象ではあるのだけど、歌詞や歌声からもっと乾いた感じというか、また違った空気が漂ってきているので、これがデモじゃなくなったりしてきたら面白そうだなぁと。もっといろんなタイプの楽曲を聴いてみたいぜ。アルバム発売やライブは秋頃ですか?

コノオト

コノオト たぶん友人である元サンガツで現Quinka, with a Yawnのベーシスト・鎌田君の新バンド。クラリネット奏者を含む4人組インスト・バンドだ。こちらもアルバム未発だし公式サイトも工事中だけどMy Spaceで2曲ほど聴ける。良い時代になったもんだね。「夜の中」は実に彼らしい繊細かつ投げやりな楽曲だ。ジャズ・ロックという表現が一番近いのだけど、ジャズ・ロックという言葉でイメージするものとはぜんぜん違うわけで、これはもう鎌田君ならでは。「No Title」の方はクラが前に出ていて緩やかかつ煌びやか。両曲ともサンガツの雰囲気もあるけど、目指している地平は違う方を向いているといったところかな。激しい曲も聴いてみたいものだが。

どっちも早いことライブで観て聴いて体感してみたいもんだ。で、どっちもたぶん友人なので、最新情報的なものはまたお伝えできるんじゃないかと。

|

« 今のKajagoogooはさしずめ次郎冠者か | トップページ | it bitesの新譜『The Tall Ships』が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/41526159

この記事へのトラックバック一覧です: 今年中に新譜が出るはずのふたつの「オト」バンドに注目:

« 今のKajagoogooはさしずめ次郎冠者か | トップページ | it bitesの新譜『The Tall Ships』が »