« Around TFF 4 『I Used To Be...』 Gail Ann Dorsey | トップページ | Around TFF 5 『Sheryl Crow』 Sheryl Crow »

2009/08/13

マグダレーナというお題でアメコム秘宝新刊が出る

ということで頼まれもしていないのに宣伝なのである。いや律儀に献本してくれるからさ。これぐらいのことはしておかないといけない気がしてなぁ。

アメコム秘宝 Vol.17 マグダレーナの伝説

えー伝説のアメコミ仙人のひとりであるロヒキア氏の気が向いた時に発刊されるアメコム秘宝の新刊が出るそうだ。そして夏のコミケで売るのだそうだ。これを皆様より一足お先にいただいちゃったので紹介する。正しいタイトルは「アメコム秘宝 Vol.17 マグダレーナの伝説」である。ぶっちゃけアメコミの中でもマイナー・キャラクターと思われる「マグダレーナ」ってな戦う尼さん?について体系的に追いかけた丁寧な資料本という体裁の特集を中心に、映画化されたアメコミ作品絡みの熱い寄稿文などなどが加わった格好となっている。暑いのに熱く読み応えがあって厚い本を読むような濃さだ。汗だらだらになりながら読んだところ、たいへん面白かったわけで。どの辺が面白かったかはこれから入手する人がいるだろうから詳しく書かないけどね。やっぱりキャラクターというのはその生まれた時代背景と共に命運が決まるということがあるんだろうなという辺りとかね。いろいろ考えさせてくれる幅があるのが相変わらずのロヒキア節で楽しいやね。実はこの「マグダレーナ」というのは北村龍平を監督に迎えて映画化される予定があるのだそうな。何を隠そうClive Barkerファンのオイラはこの監督が撮った『The Midnight Meat Train』をたいへん楽しみにしているわけなのだけど、その次が「マグダレーナ」だなんて不思議な縁を感じるよロヒキア氏。

で、そのぅ、ここで「マグダレーナ」とリンクする音楽を紹介したいところなんだけどね。しかも、実におあつらえ向きなMagdalenaというプログレ・バンドがあることは知っているんだ。日本のバンドでね。だが、残念なことにこれ気になっていながら聴いたことないんだなぁ。役に立たんなぁ自分。The Mars Voltaのアルバム『Amputechture』に「Asilos Magdalena (邦題・聖域マグダレーナ)」という曲があったりするんだが、スペイン語わからんねん。でもアメコミとは関係なさそうだよね。
そんなわけでグダグダなまま購入方法に移る。ロヒキア氏のmixiからコピペ。

アメコム秘宝Vol.17「マグダレーナの伝説」は夏コミ下記の場所で委託販売されます。
8/14日 金曜日 東P-28a APOLLO STUDIO
8/16日 日曜日 東M-39a びこうず・さあくる

ということで、興味のある向きはぜひ購入してみてはいかがでござろうかと。

で、待っている人が日本に10人ぐらいはいてくれそうな気がしないでもないATFFなんだが、時間があったので主なラインナップを決めてみたら「はずせないなぁ」と思っているものだけで35回分くらいになってしまったのだった。けっこうあるんだな。で、次回はさらにチャールトンを後ろに回して、なぜかSheryl Crowを予定しているので、Tears For Fearsとの因果関係が気になるって方でSheryl Crowを聴いたことがないなんて方は、ブックオフで250円とかで買える1st~3rdアルバムまでは聴いておいてもらえるとよりいっそう楽しめるのではないかと。

|

« Around TFF 4 『I Used To Be...』 Gail Ann Dorsey | トップページ | Around TFF 5 『Sheryl Crow』 Sheryl Crow »

コメント

宣伝、乙!

最初はマグダレナ?マグダリーナ?マグダレン?とか色々と表記に悩んだんだけど、イタリア系サントラ聞いてたら、Valentinaという名前の人が出る映画のスキャットで“トゥルルル~ヴァレンティーナー”というダルなカンジが心地よかったので、“マグダレーナ”と伸ばしてみました。

“戦う尼さん”とは上手いコトいうね。尼さんは海の向こうではけっこう系統だったコスプレ・ジャンルなんで、基本的には『メイド刑事』と同じなんだと思う。でも、アメコミってユニバースとかあって真面目に詰めてしまうところもあって、ああいうカンジになるんだろーね。自分も真面目臭く書かずに、そーいったヨタ話も書いた方が良かったんだけど、尼さんジャンルには疎いんだよな。同じ尼でも、日本の尼さんの方が好きだもんな。と、さり気なく自分のフェチっぷりを晒してみる盆の昼下がり……。

投稿: ロヒキア | 2009/08/15 14:35

ロヒキアさま

どもども。いやー夏コミ、馬鹿みたいな来場者数らしいっすね。流石にあんなじゃオイラみたいな体力のない人間は行けないなーと思ってしまいますよ。

ちなみにプログレ・バンドのMagdalenaは昔から「マグダレーナ」と読まれているようですよ。発音に忠実にカタカナ化するなら「マグダリーナ」でしょうけどね。ま、「ガブリエル」でいいじゃないか「ゲイブリエル」が正しいんだろうけどさ、みたいな話です。

尼さんものAVにニヤニヤするロヒキア氏が容易に想像できましたよ……。でもそういう背徳感っていうんですかね、そこが萌えポイントになるってのは万国共通ということで。

でもアメコミ女子キャラはもっと柔らかいラインで描いてほしいんだよなぁ。筋肉がエロさを削いでる故に日本では萌えポイントが下がっちゃうんじゃないかと。ま、その筋肉がアメコミっぽさだ!と云われればそれまでなんですがね。そういうキャラクター表現の変遷みたいな視点で何か書いてよーロヒキアー。

実はですね、洋楽の世界にも宗教関連モノってけっこうあるんですよ。グレゴリアン・チャントからゴスペルから黒人霊歌から。そういうみんながどこかで耳にしたことあるようなジャンル以外にもクリスチャン・メタル・バンドwとかあります。でもそういうジャンルには疎いんだよな。ATFFで宗教関係でボーカルが脱退しちゃったSpock's Beardというバンドにいる人とか採り上げる予定なんですがねぇ。

投稿: SHIRO | 2009/08/15 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/45919391

この記事へのトラックバック一覧です: マグダレーナというお題でアメコム秘宝新刊が出る:

« Around TFF 4 『I Used To Be...』 Gail Ann Dorsey | トップページ | Around TFF 5 『Sheryl Crow』 Sheryl Crow »