« いまさら『Bouno! 2』について書くのには理由がある | トップページ | Around TFF 7 『Sometimes a Circle』 Louise Goffin »

2009/08/30

音楽史上最大の兄弟喧嘩と云われて……

後世に伝えられることになるのだろうか?

NOEL GALLAGHERがオフィシャルサイトにOASISからの脱退声明文を発表。「LIAMとはこれ以上仕事を続けることができない」bounce.com

(What's the Story) Morning Glory?

以前から「ヤバイよヤバイよ」と云われ続けて来たご存知Gallagher兄弟なのだけど、兄貴がついにブチ切れた。淡々とした声明文に怒りが透けて見えているのがむしろコワイわ。何か、なぁなぁに修復しそうな気がせんでもないけど。左ジャケは皆さんご存知、『(What's the Story) Morning Glory?』。もうご存知な曲がズラー並んでいるわけなんだけど、Tears For FearsがLive Kings Tourにて「Don't Look Back in Anger」をカバーしたことがあるというだけの理由で選んだ。彩音ならではのチョイス!

てなわけで、次回はATFFじゃないかなぁと。

|

« いまさら『Bouno! 2』について書くのには理由がある | トップページ | Around TFF 7 『Sometimes a Circle』 Louise Goffin »

コメント

ご無沙汰しました。
最近のATFFは濃すぎてついていけませんでした。
Gail Ann Dorseyはずっと男だと思ってました…
Rolandとの共作があるということでとりあえず買いました。
感想を書くほどまだ聴き込んでません。
Sheryl Crowまで行っちゃうと繋がっているようですが
なかなかそこまで手がのばせません。
逆にBuono!は聴いてみたいです。(でも買うのは…)

話は変わってOASISなんですが、どうも苦手で。
前に出向していた勤務先の同世代の女の子?が大ファンで
何枚か貸してもらったのですが、
NOELの“うにゃん”とした唄い方とあの眉毛の濃さが
どうも好きになれません。
曲もなんかオーソドックスに聴こえちゃうんですよね。
聴き込みが足りないと言われればその通りなんですが。
Rolandとのエピソードもたまに聞きますけどねぇ~

投稿: ニキタ | 2009/08/30 10:03

ニキタさま

どうもです。また濃いの投下しちゃいましたがw。
Gail Ann Dorseyは裏取れていないんですが、どう見ても中身が男な気がします。Indigo Girlsなんてその辺を公言しているバンドにいたあたりからして……憶測でモノ云っちゃいけないかもしれませんが。Sheryl Crowはぶっちゃけつながっていないと云ってもいいとこですので。知られていない部分かなぁということでクローズアップしたまで。ただ安いから缶ジュース2本買ったつもりでブクオフでいつでもどうぞと。Buono!は聴いた方がいい。たぶん『Buono! 2』が頂点な気もするのでね……。

OASISはオイラも近作は聴いてなかったりします。やはりBeatles楽曲の空気を引きずっているという点ではTFFと共通しているところもあるのだと思うのですが、なぜかあまり愛せませんね。

やはり眉毛の濃さでしょうか。

投稿: SHIRO | 2009/09/05 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/46066371

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽史上最大の兄弟喧嘩と云われて……:

« いまさら『Bouno! 2』について書くのには理由がある | トップページ | Around TFF 7 『Sometimes a Circle』 Louise Goffin »