« Around TFF 8 『Karma』 NDV (Nick D'Virgilio) | トップページ | Stewart & Gaskinのアノ未発表曲集が初CD化 »

2009/10/29

New Bohemiansメンバーが豪華共演なオッサンのCD

いきなりオッサン呼ばわりなんだけど、これはもうそれしか表現のしようがないわけで。

Crazy In Love

Crazy In Love』 Rod Rossell Ides
もう2年前の作品なんだけど、誰も書いてくれないのでなぁ。てか、オイラも最近やっと入手した。プロデューサーがKenny Withrowで、作品中の全ギターも彼の演奏(主人公のオッサンはジャケットでギター持っているくせに実際は歌っているだけ)。半分くらいの曲でベースを弾いているのがBrad Hauser。同じくらいの曲数で参加しているのがパーカッションのJohn Bushということで、面子だけ見れば、ほぼNew Bohemians状態の演奏もある。さらに2曲にバッキング・ボーカルでEdie Brickellまでいるじゃないか。しかもそのうちの1曲「Leanin' Towards Lovin' You」はEdieの曲じゃないか(他は全部オッサンの作曲)。これは期待せざるを得ない。だが、聴こえてきたのはモロにカントリー。New Bohemiansを想像して聴き出すとかなりの確率でイスからずり落ちる。たいへんのんべんだらりとした牧歌的アメリカ風景の広がる音がしこたま繰り出される。ノリノリなのは8曲目の「How The Wonderful Love」くらい。Rod Rossell Idesという方は何だろう例えるなら枯れたTom Jonesみたいな声だな。キライじゃない。それにKennyのギターが相変わらず素敵。あと、ラスト2曲でバッキング・コーラスを担当しているLynn Adlerの歌声がなかなか良い。いやーのんびりするなぁ。ということなわけで、ライトなNew Bohemiansファンに積極的にオススメする気はないけど、ダラダラ感のある音楽を必要としている人にとってかなり楽しめる好盤になっているとは云えるぜ。

ATFFもオッサンが続きそうなので、つなぎで女子を出したいなぁ女子。

|

« Around TFF 8 『Karma』 NDV (Nick D'Virgilio) | トップページ | Stewart & Gaskinのアノ未発表曲集が初CD化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/46610813

この記事へのトラックバック一覧です: New Bohemiansメンバーが豪華共演なオッサンのCD:

« Around TFF 8 『Karma』 NDV (Nick D'Virgilio) | トップページ | Stewart & Gaskinのアノ未発表曲集が初CD化 »