« Neon時代のCurt & Mannyの写真が観られる | トップページ | Around TFF 12 『Russ Irwin』 Russ Irwin »

2010/01/11

マノサイオン - 真野恵里菜の『FRIENDS』を楽しむために

昔、夕方になると缶ビール飲みながら仕事する変な先輩が職場にいた。彼いわく「アイドルに歌唱力なんて必要ないんだろ? 顔とか身体に魅かれて買ってるだけなんだから」ということで。オイラ、当時からコイツは何もわかっていないと、アホかと、バカかと思っていたのだけど、まぁ歌が下手糞なアイドルは確かに存在する。

違うんだ真野ちゃんを下手だと云う気はさらさらない。だって下手じゃないじゃないか実際。ただちょっと音程なんかに怪しい瞬間があるだけだ。

FRIENDS

FRIENDS』 真野恵里菜
これ個人的に使っている表現なんだけど、真野ちゃんこそ「島田奈美的ハラハラ歌謡」を現代に体現する稀有なアイドル歌手なんじゃないかね。誰それ?なティーンのみんなはベスト盤でも聴いてみてほしい。きっと理解できることだろう。それなりに歌唱力はあるのにやたらハラハラさせられる。この感覚、実は悪くない。てか、むしろ良い。技巧ばかりに走りがちなディーバやら何やらチヤホヤされる昨今の歌い手にはない本気さ加減とか、開けっぴろげな体当たり感にニヤリとさせられる。このアルバムは楽曲も粒ぞろい。いわゆる正統派アイドルの系譜を踏ませなきゃならないというコンセプトと、ピアノないしキーボードを自分で弾きながら歌わなきゃならないという縛りがあるのが、むしろ良い方向に作用しているところもあるんだろうな。いっそ全部どこかにピアノ入れても面白かったかもというぐらいで。楽曲的にはというか個人的には、間奏部がどう聴いても「Manic Manday」でニヤニヤしてしまう「はじめての経験」から、美輪さんも驚くスピリチュアル・テクノ・ポップ・ソング「ラッキー・オーラ」、可愛ら楽しいクリスマス・スカ「サンタのサキソフォン」という流れが好きだね。で、このアルバムはもっと聴かれていいと思うのだけど、特に聴かれるべきは最後に収録された「マノピアノ」というタイトルからしてありえないセンスの曲のアルバム・ヴァージョン。1stシングルの歌い直しなんだけど、再録版では感情の込め方とか、歌い回しとか、明らかに成長している。でもやっぱりハラハラさせられる感じがちゃんと残っているの。その上で、1stシングル版を聴き直してみると、ずっと未熟なんだけど体当たり感というか一生懸命さがヒシヒシと伝わってきて、これまた違った魅力があるの。素直にスゴイ。とにかくこういう作品は聴く側も先入観を捨てて体当たりで聴くべきなんだ。そうすると楽しいと思うんだ。敬遠しているベリキュー・ファンももっと聴いてやれよと本気で思うし、それ以上にもっと一般層に聴いてほしいものだ。ぶっちゃけ売れていないらしいんだけど、この結果から女優一本に持って行くようなことはしないでいただきたいなぁ。てか、Perfumeの対極としてこういう音楽が世に出回るべきだよなぁ。

ちなみに「マノピアノ」のシングル版は、「会いたいよ」の「いよ」が最強なんだ。アルバムに唸った後はこっちも聴かなきゃもったいない。でも限定盤だから中古でしか買えないのかな? 本当に売り方というものをわかっていない事務所だ……。

|

« Neon時代のCurt & Mannyの写真が観られる | トップページ | Around TFF 12 『Russ Irwin』 Russ Irwin »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/47259978

この記事へのトラックバック一覧です: マノサイオン - 真野恵里菜の『FRIENDS』を楽しむために:

« Neon時代のCurt & Mannyの写真が観られる | トップページ | Around TFF 12 『Russ Irwin』 Russ Irwin »