« 爆安CD情報 今度はRhinoから『Original Album Series』が登場! | トップページ | 最前列余ってる! Tears For Fears台湾公演続報 »

2010/02/18

『Live at Knebworth』CDが再発になるよ

ちょうど20年前に行われた『Live at Knebworth』のCD版が再発になるそうで。

90年の伝説的ロック・イベント<ネブワース>のCDが復刻! P.マッカートニー、P・フロイド、R.プラントら参加CDJournal

Live at Knebworth

記事冒頭で「20周年スペシャル・エディション」とか書いてあるので「すわ完全版の登場か!?」と、ときめいたのもつかの間。今度出る『Live at Knebworth』を確認したら、全23曲ということで昔の盤とまったくおんなじー。ジャケもDVD版とほとんど同じデザイン。うーんガッカリ。ま、CD版は廃盤になって長かったからな。旧盤けっこう安く出回っているけどね……。それに3枚組のDVDメチャクチャ安く売っているしな……。まま、日本盤はSHM-CDらしいので音質にこだわる人には良いことなんじゃないかな。

ぶっちゃけオススメなのはCDよりDVDなんだ。曲数とかの話ではなく。とりわけTears For Fearsファンには何といっても分裂直前のクセにそれを感じさせない、いや振り返ればむしろ崩壊寸前な故にだったのかもしれないハイ・テンションな演奏風景が楽しめるからだ。CDでは「Everybody Wants to Rule the World」「Badman's Song」の2曲、DVDではさらに加えて「Change」の3曲が楽しめる。屋外ステージならではの開放感も相まって、過去最多10人編成の『Seeds Of Love』Tour Bandが繰り広げる分厚くエモーショナルな演奏に圧倒されること請け合いだぜ。とにかくみんな笑顔で明るい。そして楽しい! 「Badman's Song」はツアーでも屈指の出来で、もしかしたらベスト・プレイかもしれないというくらい。この編成、生で観たかったなぁ。以下、当日のTFFセットリスト。

Tears For Fears - Knebworth, England, 30th June, 1990
Complete set list

01 Intro
02 Musical Interlude [Intro]
03 Head Over Heels - Broken
04 Change
05 Pale Shelter
06 Sowing The Seeds Of Love - All You Need Is Love
07 Advice For The Young At Heart
08 I've Got To Sing My Song [Oleta Adams Solo]
09 Bad Man's Song
10 Band Intros - Everybody Wants To Rule The World

実はこんなに演ってる~。ドイツのFMで全曲放送されているので、どっかに音源はあるんだ。誰か本気出して音源かき集めて、他のGenesisやPink Floydなども含めてオフィシャルでコンプリート盤を出してくれればいいのになぁ。Pink Floydのセットは音源持っているけど、これまた大味だけど味のある演奏でなかなか良いんだよね。

で、たぶんこのTFF10人衆がいかにスゴイ面子だったかは半年後くらいにATFFで語られているはずなんじゃないかなぁ……。そんな先かよッ!

関連エントリ
甦るTears For Fears in Knebworth 1990
そんなん書いてたなぁ。これ期間限定だったのでもうダウンロード企画終わってるよん。
ちなみに宣伝しておきながら自分でこの音源、落とし損ねたというね……。誰かくれ~。

|

« 爆安CD情報 今度はRhinoから『Original Album Series』が登場! | トップページ | 最前列余ってる! Tears For Fears台湾公演続報 »

コメント

ネブワースなつかしいなぁ
古いDVDを探して観てみようかな?

ところでまったく関係ないんですが、
僕の初めて買ったレコードがTears For Fearsの
12インチのEWTRTWだったんです。(インタビューの入っているやつ)
収録されているSHOUTのEXTENDEDが僕にとって一番好きなSHOUTのRemixなんですが(UKヴァージョンってやつです)、
これってCDで聞く事ができますか?
もしくはiTunesとかで買えないですかね?
探してもないんです。
やっぱりレコードから録音するしかないでしょうか?

投稿: ニキタ | 2010/02/20 17:31

ニキタさま

「Shout (Extended Version)」ですが、7分35秒という元のヴァージョンそのものを収録したCDやデジタル音源は現在出回っていません。が、それを更に若干リミックスしたヴァージョンは出ているようです。

それは独自のリマスタリング処理を施したCDを地道に発売し続けているMobile Fidelityによる「Original Master Recording」シリーズから出ている『Songs from the Big Chair』のボーナストラックとして収録されています。通常、このシリーズはLPをクリアーな音でCD化するために尽力することで知られているのですが、『SFTBC』に関しては何故か2曲のボートラが入っておりまして、それが「Shout (MFSL Extended Version)」と「Everybody Wants To Rule The World (Extended Version)」なのであります。これがお望みのものに一番近いのではないかと。

ま、オイラもいつか買いたいと思っていながらまだ入手していない(だって中古でも基本1万円前後なんだもの)のではありますが、memoriesfade.comで音なら聴けるので確認してみてくださいな。どうしてもということならお小遣い貯めて買ってみてくだされ。

投稿: SHIRO | 2010/02/20 22:40

ご丁寧にありがとうございます。

あのヴァージョンは「おにぃちゃん、TFFを聴きなさい」と小学生だった妹に言われて初めて買ったレコードに入っていたのでORIGINALより思い入れが強いんですよね。
なんせ中学生でお金がないからLPはすぐに買えなかったんですよ。
だからSHOUTと言ったらまずはあのヴァージョンでした。

実家に帰ったらレコードが聴けるので久々に聴いてみます。
お小遣いも貯めてみますね!

投稿: ニキタ | 2010/02/20 23:01

妹さんとの微笑ましいエピソードにニンマリさせていただきました。

オイラも妹に「誕生祝いに何か買ってやるが何がいいんだ?」と云われて「じゃこのCD」と買ってもらったVDGGの『Still Life』でも聴き直してみようかと。

投稿: SHIRO | 2010/02/28 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/47597927

この記事へのトラックバック一覧です: 『Live at Knebworth』CDが再発になるよ:

« 爆安CD情報 今度はRhinoから『Original Album Series』が登場! | トップページ | 最前列余ってる! Tears For Fears台湾公演続報 »