« Tears For Fears オージー・サーキット中 ドラムはJamie Wollam | トップページ | ということでTFF春ツアー終了 アジア公演 後追い記事めぐり »

2010/05/05

SPEED LIVE 2010 ~GLOWING SUNFLOWER~ 神奈川-1

はい、昨日行ってきた。一言で云って「圧巻」。

いやー凄まじい内容だった。ここのところハロプロ勢のライブばっかり観てきたので、圧倒的なステージングのウマさに感動した。やはりSPEEDは別格だ。バックトラックがすべてカラオケになったことで、土台はまったく同じになったはずなのに、何だこの存在感は。何だこのカッコよさは。まるで次元が違うじゃないか。

SPEED LIVE 2010 ~GLOWING SUNFLOWER~神奈川県民ホール、前の方の一番下手側からという、舞台全体を観るにはちょっとイマイチながらも、今までに参戦したSPEEDツアーで最も4人が近く見える好位置から、ライブを余すことなく堪能してきた。客層は相変わらず女の子多め。新曲にちなんで頭にヒマワリの花飾りをつけた娘がたくさんいた。オイラも背中に背負って行けばよかったぜ。で、前回のツアーベスト盤に伴うものということでシングル曲ベースだったことの反動か、そんなヒマワリ娘みたいなディープなファンが大満足できる絶妙な選曲だった。しかしながらだよ、オタクでない一般客も間違いなくSPEEDすっごいわと思わせられるような、もう本当に圧巻のライブだったよ。本物を形容しようとすると、とたんにボキャブラリーって少なくなっちゃうよね。圧巻とかスゴイとか、基本そんな言葉しか出てこないわ。

オープニングの「Bridge to Heaven」からして鳥肌モノのカッコよさ。ま、アンコール前のギター・セッティングで絵理子が「おうちへ帰ろう」を一節歌ったところが多香子ギター・インプロビゼーションに変わった以外は越谷公演とまったく同じセットだったんだが、これはもう日が近いということもあって致し方ない(あ、観客向けに誕生日の歌も歌ってたけど)。おそらく後半レグから選曲&演出は変えてくるんじゃないかな。「My Street Life」やらなかったし。多香子のマイケル・ジャクソンのカバー「Beat It」もやるらしいし。著作権クリアーできないかな? たぶんその著作権の関係で『Bridge』からの伊秩&葉山曲以外をやれなかったのかなとも思うのだが、それでもあのアルバムの魅力を再認識させてくれるライブにもしっかりなっていた。ま、個人的には「Stars to shina again」「WAY TO GO!」「四ツ葉のクローバー」あたりは聴きたかったけどね。いや充分満足はできた。だからボートラ付けてCD化再発しろとあれほど……。4人のエンターテイナーぶりも堂に入ったもんで、寛ちゃんが微妙に音取れてなかったとこがあったのと、息子の学校の校長先生が客席にいるということで塩分じゃないテンション控えめだった絵理子さんのハッチャケ感の後退を除けば、文句の付けようがなかった。

あと「my graduation」前に過去のPV映像を今の4人が振り返るような映像が流れるのだけど、当時の自分を振り返って、何だか泣きそうになってしまったよ。あれからずいぶん違う場所にたどり着いちまったなぁなんて。そこは「マイグラ」じゃなくて「April」だろ!とも思ったけどさ。「April」ってのは完全に終わる曲想なのでライブでやることはないのかな。深いこと考えずにやっちゃえばいいのに。感謝と再生を歌うという意味ではアリだと思うんだけどな。もう5月ではあるけどさ。

グダグダ&バカ長いMCも超絶に面白かった。ああいう着地点あんまり考えずにしゃべり出しても楽しめるMCは素晴らしいよね。トークだけでもっとやっても誰も怒り出さないに違いない。あと、オイラの席からは上手袖のDJブースが丸見えだったので、巻きが入ったと云ったとき、本当に巻いてる姿が見えたり、「ヒマワリ」歌っている時にスタッフ10人ぐらいでヒマワリうちわを振っていたことは付け加えておく。そういうセンターからは見えない部分というか楽屋裏みたいなところから、裏方もみんなして楽しみながら舞台をつくり出しているってことはもっと広く知られていいだろう。

あーそうそう「季節がいく時」の盛り上がり具合は異常。これは書いておかないとな。シングルB面曲なのに、あの会場一体感はどこから来たんだろうかね。

市原は微妙だが、千秋楽の日本武道館は何としても観る所存だ。
えー声を大にして云いたいのはハロプロ軍はみんな観に行け!
勉強させてもらって来いよと。

|

« Tears For Fears オージー・サーキット中 ドラムはJamie Wollam | トップページ | ということでTFF春ツアー終了 アジア公演 後追い記事めぐり »

コメント

はじめまして。

私は、5日の横浜公演を見ました。
やっぱり、貫禄ですね。
ファイナルのようなあの盛り上がり。「季節がいく時」はほんと、すごかったですね。誰もが、あの曲が「隠れた名曲」だと認識してるんだ~と思いました。
隠れてもないですかね(笑)。

あの一体感は、ほんと嬉しくなりました(笑)。

私は、ハロプロ勢のライブって観た事はないので、なんとも言えないですけど、ほんと、磨き抜かれてるんですよね。


投稿: ひろ | 2010/05/30 19:00

ひろさま

どうもです!

いやー「季節がいく時」すごかったですよね。オイラ一番端っこの席だったんで思いっきりヘッドバンギングしながら聴いてましたけど。過去にやったことない曲ってわけじゃないし、けっしてライブ定番曲でもないのに、何だったんでしょうねあのノリは。

個人的には「Save the Childrenツアー」以来の武道館で観るSPEEDが楽しみで仕方ないです。わくわく。

えーとハロプロの人たちのライブも素晴らしいんですよ。基本、歌うまいしね。でも、やっぱり比べてしまうとライブとして小ぢんまりしているというか、華がないまとまり具合というか、もうちょっと演出考えればいいのに感があるということです。

料理は美味しいのに店に華がない、わくわくさせてくれる雰囲気がないという話をいま、スピリッツに連載している「バンビーノ」でやっていますけど、まさにそんな感じでね。もったいないなぁって。

投稿: SHIRO | 2010/05/31 15:31

「Save the Childrenツアー」武道館、行かれたんですね。
私は、初日の埼玉スーパーアリーナでした。

たしか、武道館、平日でしたっけね(笑)。
まだ、社会人2年目で、要領よく年休を取れずに参戦せずでした(笑)。

今年の武道館は、要領よく休みを取って行きます(笑)。

結構、伺うと、ハロプロとSPEED両方、二束のわらじの方もいるみたいですね(笑)。
私の寛ちゃんファン仲間で、ハロプロにより重点を置いて、二束のわらじの人もいますが(笑)。

今年は、オリジナルアルバム出してくれないですかね・・。

投稿: ひろ | 2010/05/31 21:18

ひろさま

あ、スーパーアリーナも行った(笑)。地元なもので。
ただ、ぶっちゃけ武道館のが出来がよかったです。特に武道館初日が。って武道館も2日とも行っていたり……。

てか、思い起こせばあれが初武道館だっけかな? それまでドーム公演とかばっかしだったので、やたら距離が近くなった気がしたものです。今年はPerfumeがドーム公演やるらしいですが。

ハロプロはどうなんですかね、オイラ聴きだしたのは比較的最近なのですが、いわゆるDD(誰でも大好き)的な推し方の人は少ない気がしていましたよ。とにかくモベキマス全部追いかけようと思うと公演数がけっこうな数になるので、現場好きにとって楽しいとかはあるのでしょうけどね。

今年はアルバムは難しいんじゃないでしょうかね……。良くても年末あたりにシングルぐらいじゃないかと。

投稿: SHIRO | 2010/06/01 04:18

こんにちは。
私も、埼玉在住でして(笑)。

そうですね。あのツアーが初の武道館ですね。きっと。
今年は、ホールツアーで、お客さんの入りで、厳しい声がありますね。ただ、現実として、メンバーにとっては、歌える喜び、ファンにとっては、観る事の出来る喜びをかみしめればよいのかな・・と思ってます。

シングルが年1枚ペースなのも、ライブが、バンドがなしになったのも、SPEEDの周りも、他の業界と同じく、コスト削減なのかと思うと、一抹の寂しさもありますが、上記の結論が見出せたので、もう気になりません(笑)。

投稿: ひろ | 2010/06/01 18:44

ひろさま

おー同朋でしたか。

彼女らが売れているから好きになったわけではないので、ヒットチャートから離れたマイペース活動でも個人的には一向に構わないと思っております。いやーもっと狭い小屋で、ダンス抜き歌だけとかで酒飲みながらライブを観られたらそれはそれで最高じゃないですか。そういうのも観てみたい。で、そういうのに可能性として近づいているのはある意味うれしいですわ。

単純にコスト削減だけが理由でもないかもしれないです。機動力を上げるためだとか、メンバー個人の活動も許容するためだとか。今年の後半はもう寛ちゃんのミュージカルってのが見えていて、もうそれだけでSPEEDとしての活動は制限されちゃう。もちろんその裏には今井さんの動きみたいのものもあるわけだろうし。我々がSPEEDだけやってほしいと云ったところで、どうにもならなかったりはするのだろうなと。それでいろいろなバランスが取れているなら良しとしましょうよ。

投稿: SHIRO | 2010/06/02 02:26

さわやかな日が続きますね。湿度も高くないですし、過ごしやすくて何よりです。

私も、オリコンでの順位は気にしないです。ただ、ベスト10以内に入って欲しいのは本音なんですが(笑)。
時代も変わりましたかね。CDもあまり売れない時代。

そうなんですよね。SPEEDだけやってほしい、それが本音なんですよね。私も、自分の中で最近、気づきました。
ただ、自分の思い通りになることのほうが世の中、少ない、それも遅まきながら、気づきました(笑)。

思えば、寛ちゃんソロ時代、FCは2006年まで入っていたんですが、やはり、心が離れてしまい、継続しなくなった。
よーく、考えれば、やっぱり、SPEEDが好きなのだと。

起承転結のない文章で、すみませんね^^;

あ、そうそう。どうやら、今日の鹿児島のライブで、アルバム制作を発表したみたいですよ。

投稿: ひろ | 2010/06/05 23:10

ひろさま

個人的には「総体としてのSPEED」という表現を使っているのですが、個人ではなく4人ひっくるめないと強烈な個性だったり驚くべきパワーだったりが感じられないのがSPEEDの特徴なんだと思うんですよ。

ここまで個と総体の印象が剥離したグループも珍しいんじゃないでしょうか。

難しい言葉を使っとりますが、要するにSPEEDは4人そろわないとダメなんですよ。ハッキリと。でも個人活動も頑張っているし、それはそれでやらないと各メンバーがダメになっちゃうというのもあるのかなと。いや個人活動もオイラは好きなんですけどね。複雑な思いだなぁ。

ファンクラブ……そろそろ再加入しなきゃかなぁ。←まだ入っていないらしい。

アルバムは口に出しちゃった以上、無理繰り年内に突っ込んでくる可能性大ですね!

ま、結局出てない『ココドール3』とかの話もあるので、どうなるかわかりませんがね……。

投稿: SHIRO | 2010/06/19 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/48278168

この記事へのトラックバック一覧です: SPEED LIVE 2010 ~GLOWING SUNFLOWER~ 神奈川-1:

« Tears For Fears オージー・サーキット中 ドラムはJamie Wollam | トップページ | ということでTFF春ツアー終了 アジア公演 後追い記事めぐり »