« SPEED LIVE 2010 ~GLOWING SUNFLOWER~ 神奈川-1 | トップページ | 「MJ」アイドル戦国大戦で、うちの娘6歳が反応したのは? »

2010/05/13

ということでTFF春ツアー終了 アジア公演 後追い記事めぐり

ままま、そんなわけで近くまで来ていたのに来日はかなわなかったTears For Fearsなんだが、アジアのニュースサイトはなかなか見つけにくかろうということでせっかくだから写真アリの記事を中心に反響をちょっと追いかけてみよう。

■5/2 マニラ(フィリピン)

Tears for Fears leaves the Big Dome crowd in tears...of joy!Philippine Entertainment Portal
「20年以上待った」とか「オープニングから群衆は熱狂と共に唸りを挙げた」とかいちいち大袈裟なんだが、要するに大盛り上がりだったようでな。タイトルからして「TFFがビッグ・ドームの群衆を泣かせる……歓喜の涙で」みたいな煽り具合だもんな。セットリストはカート君公式コメント欄に出ている通りで、何といっても復活した「Billie Jean」。もうやらないもんだと思ってたよ。YouTube素人投稿動画もいくつかアップされているので聴きたい人は検索どうぞ。次、もいっちょPEPから。

Korina Sanchez says she did not hear people booing her at the Tears For Fears concert
これ、どういう記事かと云うと、フィリピンは大統領選挙戦の真っ最中だったということで政治絡みのお話。「Bakit フィリピン?」てなブログに詳しい話があったので引用ごめん。

副大統領選の戦況は、マニュエル・ロハス、ローレン・レガルダの戦いと見られておりましたが、ここにきてビナイがじわじわと追い上げてきて、ほぼ互角の様相です。
これには、先日、(注・ロハスの)妻でニュースキャスターのコリーナ・サンチェスが、フィリピンで行なわれていたティアーズ・フォー・フィアーズのコンサートで、会場に設置されている大型スクリーンに映し出されたときに、夫の所属する自由党のシンボルを見せ、会場からブーイングが起こったという出来事がありましたが、これが影響してしまったのでしょうか。
フィリピン選挙で誰に投票するかと聞いて

注記のみ加筆お許しを。TFFのふたりはこんな記事になっちゃったりしたのをどう思ったんでしょうね? まぁハッキリ云えば「無粋」。でも、政治ってそういうものなのかも。

■5/4 シンガポール

Head over heels in love with Tears For Fearsasiaone news
観客4500人。「黄色い声で『愛してる~』と呼べば、ローランド&カートが『愛してるぜ兄弟!』と応える」という流石はオカマも多い東南アジアだわいとか、つい納得しちゃったやり取りレポートがのっけから面白い。しかしフィリピンもここも未だにジャンルはエレポップとかシンセポップみたいな扱いなんだなぁ。オージー・レグでも同様だったようだけど、「Woman In Chains」でOletaパートを歌い出すMichael Wainwrightに大興奮するのは万国共通のようで。ま、「ムサイ男が出てきたなぁ、大丈夫か?……何じゃこのハイトーンボイスススス!」となるのは必然か。

Maiden mixed martial arts event set to rattle SingaporeThe Malaysian Insider
「最近のよく売れたチケットはTom JonesとTFFのコンサートだけど、ケージ・ファイターのMitch Chilsonにとって街のイベントはMartial Combatだけだ」。という書き出しの格闘技ネタ。まぁ、よく売れたということで。

■5/6 香港(中国)

中国語難しい&写真入り記事見つからずということでリンクのみ。

Tears for Fears演唱不忘大選東方日報
TFF懷舊金曲夜

■5/8 台北(台湾)

驚懼之涙吸2千粉絲 重返80年代中時電子報
「2千粉絲」は「2000人動員」で合ってるのかしら? 「80年代」がキーワードみたいで、アジアでは総じて懐古趣味的な迎えられ方だったようだってそりゃ当たり前か。「比利金」が「Billie Jean」でいいのかな。最後にDoug Pettyがうんたらかんたら書いてあるのだけど、短いセンテンスなのに内容がよくわからずもどかしい。

深紫色 台北嘶吼 高分貝壓 驚懼之涙蘋果日報
たまたま「深紫色」つまりDeep Purpleも同日別会場での公演だったようで、イギリスの有名バンドのライブがかぶったのは珍しいということでそんな記事。それで観客の取り合いが起こって動員が落ちたのかな? 

やっぱ行きたかったなぁ台湾……。行ってきた日本人の方はコメ欄にでも感想書いてくれるとちょと嬉しいの。

次回こそたぶんATFF。

|

« SPEED LIVE 2010 ~GLOWING SUNFLOWER~ 神奈川-1 | トップページ | 「MJ」アイドル戦国大戦で、うちの娘6歳が反応したのは? »

コメント

SHIROさん、はじめまして。私、2年ほど前からローランドにはまり…と言っても若いわけではありませんが、台湾公演に行ってきました!チケットサイトでは、直前まで空席がいっぱいな様子でしたので、大丈夫なのかと不安に思っていましたが、当日は1階はほぼ埋まっていたかな。マニラのような熱狂ではありませんが、じわじわ盛り上がって、いい感じだったと思います。

Opening Actで、Micheal Wainwrightが4曲くらい歌いましたが、彼の声と人柄の良さに会場も引き込まれていきました。最後の曲で、途中から演奏に参加してきたゴリラの被り物に、初めは気づかずにいたMichealが笑い出して歌えなくなったりして、みんなが沸いたところでTFFの登場で、とても和やかな雰囲気でした。

Mad Worldから始まって、もう聴き慣れてしまったはずの曲なのに、ライヴで繰り出される音に、やはり感動しました。
やっぱりローランドの声は、本当に素晴らしくて、力強く、Seeds Of Love を聴いていて、あらためて上手いな~と思いました。

’Michealにみんなショックを受けると思うよ’とローランドが話して始まった Woman In Chains は、やはり盛り上がりましたね。声援を受けるポーズと、それを微笑むローランドが良かったです。

初めて見る生のローランドは、とっても楽しそうで、こんなに笑うんだ…と思うくらいに笑顔でした。
カートの方がちょっと気難しい?と感じるくらいに。
歌うことを喜んでいるような姿に、こっちが幸せな気分になっちゃいました。

カートはあんまり声が出なくてもどかしくなりますが、でもやっぱりTFF は、カートとローランドが並んでこそのもので、奇跡的な二人なんだろうな…。

私は2列目の席でしたが、前の方の席は英語を話す人が多くて、地元の人じゃないのかな…TFFの常連さん?関係者?何だろう?
開演前にそのグループと話していた人が、アンコールのShoutになったらステージに出てきて、コーラスに加わったと思ったら、ローランドが歌うように促してしばらく歌ってました…お友達なんでしょうかね。アジア系の方でしたが。

TFFとお友達で、二人を日本に呼べるような音楽関係者はいないのでしょうかね?

今回は、ツアーグッズとかの販売も無くて、ちょっと寂しい会場でしたが、いつか日本に来る時は、是非、新しいアルバムを引っさげて、ガーンとやってほしいなぁ…ほんとに。

台湾から帰って来てから忙しくて、ちょっと間が抜けてしまいましたが、とりあえずそんな感想でした。ではまた。

投稿: AYA | 2010/05/23 03:18

AYAさま

現地レポートどうもです!! 超嬉しいです!

Micheal Wainwrightもそうですけど、再結成以降のバンドは楽曲をビルドアップすることに適材適所なメンバーばかり揃っていて、本当に素晴らしいですよね。それを生で観られたなんて、実に羨ましいですし、貴重な体験として大切になさっていただければと。

ま、TFFの過去のツアー・メンバーも実に多彩で面白い人たちばかりだったというあたりをATFFという拙企画で掘り下げていたりもするのですが……止まってます。そろそろ本気出す~。

「Shout」のコーラスに観客引っ張り上げるのは昨年のツアーからけっこうやっていたようですよ。人選の基準はわかんないけど。Night of the Promsツアーでの合唱隊あたりにヒントを得て始めたんじゃないでしょうか。

カート君は声の細さが売りなので、もどかしくて問題ナシ!

いつか日本に……来るのかなぁ。来るといいなぁ。

投稿: SHIRO | 2010/05/31 15:13

'Shout'が Official England World Cup Song になって、カートも喜んでるみたいですね♪
http://www.youtube.com/watch?v=UN8H7nUfkqg

投稿: AYA | 2010/06/07 12:19

AYAさま

しかしイングランド代表は苦しい戦いをしておりますなぁ……。

ちなみにこのDizzee Rascal + James Cordenというラップ・ユニットによる楽曲、タイトルは「Shout For England」だそうで。

投稿: SHIRO | 2010/06/19 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/48348403

この記事へのトラックバック一覧です: ということでTFF春ツアー終了 アジア公演 後追い記事めぐり:

« SPEED LIVE 2010 ~GLOWING SUNFLOWER~ 神奈川-1 | トップページ | 「MJ」アイドル戦国大戦で、うちの娘6歳が反応したのは? »