« SPEED 1/2 at NACK5 TOWN | トップページ | ババァ可愛すぎワロタ »

2010/11/08

Faustは拳骨って意味なんだってね

うちの母親は生け花の先生をやっているのだが、生徒さんの家にホームステイしているというドイツ人女性が遊びに来て、生け花に触れてえらく喜んで帰ったそうな。オイラのいない間に……。くそークラウトロックでは何が好きか聞いてみたかったのに。

Faust IVFaust IV』 Faust
ドイツの変てこロックに興味を持つと、とりあえず聴かなきゃいけない気がしてくるファウストは、学生時代に1st『Faust』と2nd『So Far』までは体験学習していたのだけど、いまいちピンと来なくてな。その後、『71 Minutes Of』という編集盤も聴いてはみたんだがあまりインパクトを覚えず。でも、やっぱり気になってたんだよな。ということで、この名前通り4作目のアルバムとなるリマスタ2枚組盤がNACK5 TOWNにて1000円で売られていたので買ってみた。SPEED観た直後にこんなん買って帰るのはオイラぐらいだろう。
昔のMARQUEE誌のインタビューではメンバー曰く「1stと3rdが本質、2ndと4thは糞」みたいな。でも、現時点ではオイラ、この4thが一番好きだな。3rd聴いてないんだけど。本人たちは曲らしいものを構築することより、素材は外から借りようともむき出しの自分たちを音で表現したかったらしく、そういう意味で満足していないのかもしれない。だけど、やはり曲として格好いいというのは大事なことだと思うのだよ。全体的に電子楽器でフォヨ~ンみたいな世界よりはサイケデリックにジワーンと来る感じ。1曲目のインスト曲が持っているジワジワと来る独特な高揚感が気持ちよい。どことなく初期のPink Floydにも通じている。即興をベースにみんなで曲づくりをするバンドだったらしいが、3曲目に見られるようなノスタルジックな空気など、曲としてカッチリと完成度が高くまとまっていて、実にニヤニヤさせてくれる。確かにフツーなロック曲もあるのだけど、構築度の高い曲も多く、聴きどころは意外と満載。2枚目の別テイクを中心としたおまけディスクともどもお得した感じなのであった。

こうなってくると初期の作品もまとめて聴きたくなったりして、『Wumme Years 1970-1973』もやっぱり買うておくべきかなぁと思ったり。ヴュメとかヴュンメとかいう彼らが共同生活をしていた街の名前がまた想像力をかきたててくれるよね。

あ、Tシャツまで売っていやがるのね。すごい時代だ……。

|

« SPEED 1/2 at NACK5 TOWN | トップページ | ババァ可愛すぎワロタ »

コメント

お初です。宜しくお願いします。

1曲目のkrautrockは、国内盤が出た当時(75年頃)、友達がレコ屋で試聴(当時はヘッドフォンなどなく店のスピーカーから流れる)したら、他の客が誰もいなくなってしまったそうです(笑)

投稿: bluenile | 2010/11/08 11:16

bluenile さま
どうもです。良い名前ですねブルーナイル。新譜はいつ出すつもりなのだろうブキャナンさん。また何年も待たされるんでしょうかね。

「krautrock」で客ドン引き~w
いろんな音楽を聴いてみたりすると、逃げ出すほどの曲&演奏ではないだろう?という気にもなってしまうのだけど、一般的には「うっわ~……」みたいな感じなんでしょうねインパクトは。楽しい曲なのに。オイラなら曲終わるまで店にたたずんでいますよ。9分ぐらいでしたっけ?(いま手元にCDがない)

ちなみにプログレ聴き始めの頃の少年のオイラが初めて聴いたYesのアルバム『Fragile』の印象は「やだ何かコワイ……」でした。今にしてみれば「Heart of the Sunrise」のクリス・スクワイアが弾く冒頭のベースにひるんだだけだった気もするのですけどね。

投稿: SHIRO | 2010/11/09 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/49958131

この記事へのトラックバック一覧です: Faustは拳骨って意味なんだってね:

« SPEED 1/2 at NACK5 TOWN | トップページ | ババァ可愛すぎワロタ »