« 岡井ちゃん、iTunesでソロデビュー! | トップページ | Klaus VoormannとForeignerのお話 »

2010/12/08

つんく♂的歌唱法からの脱却を℃-ute聴いて考えた

岡井千聖写真集が楽しみで仕方ない今日この頃。
それにつけても何百回「LOVE涙色」聴いてるんだこの男……。

会いたいロンリークリスマス 初回生産限定盤B会いたいロンリークリスマス℃-ute
ついでにこの曲もよく聴いている。オーソドックスなつくりなのに前作前々作にガッカリ体験した後で聴くとすこぶる名曲に聴こえてくる。「王道」と云えば聞こえはいいが、つまるところ何の破綻もないシンプルなマイナー調アイドル・ソング。ただしその分、歌唱力や歌声の良さが際立っていて、やっぱり℃-ute好きだなーと思った。マイナー調アイドル・ソング=一歩間違えば演歌みたいなところはあって、つんく♂氏お得意のJポップ・ヴァリエーションなわけでもあるのだけど、℃-uteのみんなは、つんく♂的歌唱法から完全に脱けてそれっぽさ皆無なんだ。そこも愛せるなぁと。鼻にかかった変な歌い方ゼロ。それに、鈴木さんのシャウトとか実にワンアンドオンリーで良い。
つんく♂氏にどういう心境の変化があったのか、前作や前々作のようなドキュン系(℃キュン系?)歌詞ではない、これまた「王道」かつ難しくない言葉でつづる歌詞になっていて、全部カンタンに英訳して歌えそうなくらいだ。せっかくだからAsiaに英訳カバーしてもらって日本で出そう。John Wettonが「I Wanna See You~ I Say Nothing~ I Close My Cellphone~ Again Last Night~♪」と切ない乙女心を歌うんだ。敢えて。敢えてね。きっと売れるぞ~。誰かこの企画を買ってくれないものか。

|

« 岡井ちゃん、iTunesでソロデビュー! | トップページ | Klaus VoormannとForeignerのお話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/50243589

この記事へのトラックバック一覧です: つんく♂的歌唱法からの脱却を℃-ute聴いて考えた:

« 岡井ちゃん、iTunesでソロデビュー! | トップページ | Klaus VoormannとForeignerのお話 »