« Klaus VoormannとForeignerのお話 | トップページ | Mick Karn 逝きてポリポリ »

2011/01/03

「Size Of Sorrow」は新曲ではなかったらしい

はい、あけましておめでとうございます。
今年もダラダラ行くような嫌な予感がしているが、なるべくなるべく。

さて、昨年はATFFの3連発からスタートしたのだけど、結局1年で6本しか進まなくって、こりゃいかんと次回分を書いていてね。その過程で気がついたことが、Tears For Fearsのアルバム『Everybody Loves A Happy Ending』に収録された「Size Of Sorrow」が新曲ではなかったという事実だったもんで、これはとりあえず書いておこうかと。

というのも、下記YouTube音源を知ったからなんだな。
事実上オフィシャルなので貼るわけなんだけど。

説明文には「The exceptionnaly gifted Bassist and singer Gail Ann Dorsey , singing "size of sorrow " with Tears for Fears. Paris Zenith '93.」とある。オイラは地道にTFF全ツアー表なんてのをちょっとずつ作成していたりするので日付まで特定できるんだけど、これ、1993年12月7日のパリ公演。なんと、Elemental Tourでのセットなんすよ。つまり、その時点で「Size Of Sorrow」は完成していて、お披露目までされていたってわけ。これ知らなかったなぁ。ぶっちゃけRoland's TFFのセットリストはいまいち把握できていなくて、今更ながらにこういう事実を知ったりする。しかし興味深い話だなー。だってElemental Tourだぜ? ハナッからGail Ann Dorseyに歌わせていることから考えて、Curt Smith脱退前にできていた曲の可能性もある。これをライブでやっていたってのも、『ELAHE』に収録したってのも、滅茶苦茶奥の深いバックグラウンドを感じちゃうじゃないのさ。いやー深いなTFFは。

ということで、今年はATFFもせめて月一更新ぐらいにはしたいなって思ってるんですよ本当に。

関連エントリ:TFF 『ELAHE』全曲レビュー その4「Size Of Sorrow」

|

« Klaus VoormannとForeignerのお話 | トップページ | Mick Karn 逝きてポリポリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/50475483

この記事へのトラックバック一覧です: 「Size Of Sorrow」は新曲ではなかったらしい:

« Klaus VoormannとForeignerのお話 | トップページ | Mick Karn 逝きてポリポリ »