« サビが「核攻撃!」なんだけどさ | トップページ | U、デビューしちゃいなよ »

2011/02/14

Around TFF 15 『The Butterfly』 De:laQ

De:laQ」とか「DelaQ」という表記を見てTears For Fearsとの関係を想像できる人がいるとしたら、相当コアなファンといっていいんじゃないだろうか。「デラキュー」。もちろん「ベリキュー」とは関係ない。

もったいぶってもしょうがないので、正解なんだが、それはRoland Orzabalの本名に含まれているのだ。Roland Jaime Orzabal de la Quintana。ホラ、あった! ということで、今回はみんなのローランド兄ちゃんを心から「兄ちゃん」と呼べる唯一の人物、Julian Orzabal de la Quintana君のバンドの紹介なのである。

Elemental』や『Everybody Loves A Happy Ending』にバック・ボーカルで参加しているJulian Orzabal。TFFのローディやったり、Rolandのソロ・アルバムに伴うホームページ(既に閉鎖)制作に関与したり、またファンクラブ運営などにも携わってきたようだが、音楽活動は「やっているらしい」という噂レベルでどんな人物なのかいまひとつわからなかった。TFF以外の作品へのゲスト参加も知られていない。その彼が満を持して組んだバンドがDe:laQということになる。バンドといってもその始まりがFacebookで知り合ったEric Senetというフランス人マルチミュージシャン(ただしぶっちゃけ無名)とのネット上でのやり取りだったことは公式ホームページに詳しく載っている。Julianが書いた歌詞にEricが曲を付けたデモ音源で盛り上がり、Julianが渡仏してボーカル録りへ。ついに昨年、CD発売にまで至った。その後はライブも行ったようでライブDVDも出ている(オイラがCD買った時にはこのDVDは出ておらず、残念ながら未入手)。

The ButterflyThe Butterfly』 De:laQ
オイラは彼らのサイトからプレスCDを購入したが、アマゾンMP3でも買える。インディーズ発信でもクオリティは楽曲も演奏も録音もしっかりしているので、その辺はご心配なく。アルバムに収録されているのは、雑駁に云えばどれも屈託のないシンプルなロック。英仏混合の割にはところどころアメリカ南部の香りがするんだが。ギターのアプローチの仕方所以なんだろうね。15曲収録で、歌詞はすべてJulian作。作曲は8曲がEric、5曲がEricとJulianの共作、2曲がJulianとAnthony Gunner(Tony Gunner)の共作となっている。おそらくはGunner共作の2曲がJulianのストック曲と思われ、楽曲としての立ち上がり方が違った毛色になっていて面白い。TFF色を感じ取るならこの辺ぐらいかな。個人的に好きなのはメロウな「Feeling Like A Star」と「God's Own Hand」。どちらもキーボードが実に良い感じで、Ericさんはギターよりもキーボードに比重を置いた方が良いのではないかと思わなくもない。
ライナーには、残念ながらRolandお兄ちゃんのクレジットはナシ。兄の名前で売らない気概を見せたということだろうか。ライブでは「Pale Shelter」のカバーとかやっているようだが……。ま、ご多分に漏れず音楽はTFFっぽさ皆無に等しいんでな。いや声は伸びの良さとか独特な粘り気とか兄に似たところも無きにしも非ずではあるんだけど。一発でそれとわかるほどには似ておらん。しかしまぁ、TFFファン的にはどうやら作っていそうな次作にRolandが参加するのか否かの一点に期待している部分を否定できないわけで……。弟ならではの受難は続いてしまうのかもしれない。
なお、De:laQの曲はホームページにて自動で流れているほか、彼らのMySpaceYouTubeでも聴くことができる。

ちなみにリズム隊のLionel BoisseletとPierre Leveilleは、Ericと共にフランスでDelilah Juneというバンドをやっている仲間らしく、ふたりとも本業は教師であるとのこと。結果的にDe:laQはDelilah Juneのエクストラ・バージョンみたいな立場なんだが、YouTubeで聴ける音源からすると音楽性はだいぶ違うようだね。こっちはこっちで格好イイ音だなぁ。本当に世界は広い。

すっげー、ちなみになんだけど、Roland兄ちゃん……ではなくRolandのリアルお兄ちゃんのMySpaceはコチラ。彼ら、三兄弟なんだ。
もうホント、情報が全然載っていないので、「顔似てますか?」レベルの話しかできないんだがね(じゅりさんが喜びそうだ)。

次回ATFFは、またまたTFFからちょっと遠いんだが、Amy Keys関連で。

|

« サビが「核攻撃!」なんだけどさ | トップページ | U、デビューしちゃいなよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/50064106

この記事へのトラックバック一覧です: Around TFF 15 『The Butterfly』 De:laQ:

« サビが「核攻撃!」なんだけどさ | トップページ | U、デビューしちゃいなよ »