« パーリス大先生がお隠れになるとアクセス数が増える | トップページ | ℃-uteの最新ツアー『超!超ワンダフルツアー』生配信 »

2011/05/21

Curt Smithがソロで張り切っている

ということで忘れた頃にTears For Fears……と云いたいところだが、マイナス1ということでだいたい答えはカート君なのである。トピックス羅列。

Junkie XLの新作アルバムに参加しているらしい
ソースはSIDE LINE MUSIC MAGAZINE(side-line.com)。カート君のツイッターから拾ったネタらしい。他人のレコーディングに参加するのはWainwright君以来かな? 経緯などいまひとつわかっていないが、ちょっと興味深い。Junkie XLは「オランダ人ミュージシャンのトム・ホーケンバーグ(Tom Holkenborg)によるソロ・プロジェクト」だそうな(ウィキ参照)。公式サイトでは先行シングルのリミックスがダウンロードできるようだが、メアド登録が必要なので躊躇中。このトラックではJan Hammerとコラボしているとのこと。

『Mayfield』の再発盤が今夏出るらしい
一応、バンド名義にはなっているが実質カート君のソロ作である『Mayfield』が再発になるようだ。ソースはたぶんソーシャル・ネットワークをつなぐサポートサイトという感じらしいFlavors.meインタビュー。KOOKから出すのかな? 未発表ボーナストラックとか入ったら買うかも。インタビュー内容はその他の最近の動向についても答えていて興味深い内容になっているが、TFFについてはいつも通り薄め。

未発表音源とか垂れ流し始めてる
SOUNDCLOUDという音源アップロードサイトに自分のスペースを作って、iPhoneで録音したものを公開している。「水曜の朝」はカート君ではない誰かの演説?で「木曜の朝」は子どもたちのざわめき。これだけならなーんだという話だが、「金曜の午後」では女性ボーカリストのCarina Roundとデュエットによる習作を発表している。なかなか力強い曲で良いでー。ちなみにだが、この3曲は録音レベルが低いので注意。直後の「What Are We Fighting For」がいきなり音大きくなるッス。そのまま過去のソロ曲ほとんどを試聴できるので、カート・ソロに馴染みのないTFFファンはぜひどうぞ。

さて、TFFはブラジル公演の日程も発表になって、晩夏から秋にかけてのスケジュールが固まってきた模様。やっぱり新作なんてムリムリでんなぁ。レア・ナンバーやカバー曲がセットに入ってくるのを楽しみにするしかないぜ!

|

« パーリス大先生がお隠れになるとアクセス数が増える | トップページ | ℃-uteの最新ツアー『超!超ワンダフルツアー』生配信 »

コメント

ブラジル公演楽しんできてくださいね。

アルバム出さないならせめて日本公演してほしいです。

投稿: ニキタ | 2011/05/27 12:30

ニキタさま
TFFもYouTubeでライブ生配信とかやってくれたら溜飲も下がろうというものですよね。

ま、でも一昔前を考えたら、情報がちゃんとリアルタイムで入ってくるだけでも大したもんだと思わなくもないです。云い方は悪いですけど、生きてるのか死んでるのかもわからないってくらい何やってるのか伝わってこなかったんですから。

投稿: SHIRO | 2011/06/19 02:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/51725588

この記事へのトラックバック一覧です: Curt Smithがソロで張り切っている:

« パーリス大先生がお隠れになるとアクセス数が増える | トップページ | ℃-uteの最新ツアー『超!超ワンダフルツアー』生配信 »